学生時代のフィリピン留学-1-

 

 

前回の続きになりますが、今回は大学4年生の内定獲得後に

フィリピンへ行ったお話から致します。

-どのくらいの期間、いくらで滞在したの?-

期間は4ヶ月、資金は40万ほどで滞在していました。このパートは是非学生に読んで頂きたいものです。うちは全くもって裕福な家な生まれではないためです。

 

今の時代、母子家庭なんてのも珍しくなくなりましたよね。幸い、うちには大きな借金がないため行動に移すことができたのでその点は感謝しています。借金さえなければ自由に動けるんだなと(奨学金の返済は付きまとってますが…)

 

さて、留学資金の話に戻りますが、内定が決まり落ち着いたのが4年目の6月頃、就職から逆算すると10月出発が期限となっていました。さあ、就活期に貯金も食いつぶしほぼ0円の状況から抜け出す方法はあったのでしょうか?!ここまで、私の経歴を見て頂いて分かる通りパソコンも使えないし強い資格を持っていない私の答えは、睡眠を削って働く! ってことしか残っていませんでしたwww

 

もう少し世の中うまく渡れていたら楽に稼ぐバイトだってあったのでしょうけど、自分にそんなことできたらこの記事は書いてないですよね。ちなみに私の働き方ですが、夕方18〜19時の間くらいで居酒屋に出勤し、上がるのは朝の3時とか4時くらい。ススキノで働いていたため、もちろん始発もないしタクシーなんて持っての他ですから、始発までお店で待たせてもらっていました。(その間に睡眠補充したり)そして帰宅してシャワーなり仮眠なりリフレッシュしてから朝9時から14時くらいで炉端焼きのお店で働きます。店にはめちゃ迷惑ですけど立ちながら寝落ちして倒れたこともありますwww

 

そんなこんなで居酒屋と炉端焼きを合わせると月に20万ほどの稼ぎを作ることができました。確かに体力的に辛かったですけど、やりたいことがあるならこれくらいハチャメチャでもいいと思います!貧弱な私のメンタルも少しは強くなったかなとww

 

前回でもお話しましたが、今までやったことないことが目の前に転がっていればそれはチャンスだと思ってください。その挑戦が終わったときに、”このくらいは自分でできるか、ならまた違うこともできるだろう”って思うようになるかと思います。それが今後の自信に繋がって人は強くなるのかと。

 

ようやくギリギリで資金を作った私は、お金もないのでインターネットでフィリピンの語学学校に直接メールでの申し込みをしました。近年のフィリピンの語学学校にはほぼ必ず、日本人のマネージャがいるため日本語で対応していただけます。航空券を一人で取るのも初めてでまず相場から調べ上げていくところから始まり、大変でした。ちょこっとアドバイスですが航空券を探すときは、”ここのサイトが最安値”とか目に入るかとは思いますが、僕のように少しでも手頃に航空券を手に入れたいと思う方は、とにかく色々なサイトで日付から見積もりを出して比較して下さい。選ぶサイトに関しては、検索画面トップに出てくるサイトを潰していく形でいいと思います。

 

そんなこんなで、Jimは10月に飛び立ちました。空港についてからは、ピックアップがあったため問題なく、学校の寮まで辿り着きました。ちなみに私の渡航先は、フィリピンの中でも奥にあるバギオというところで、マニラから5時間ほどのところでした。

 

現地での細かい生活については、今回では書かないですが、次の回で私が行った勉強方法については綴っていこうと思います。

 

ここまで、読んで頂きありがとうございます!

 


↑ポチッとお力を貸してください!

英会話

投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA