Jimの英語試験 初IELTS 結果発表!!! 海外の大学にいけるのか?!

 




IELTS試験結果 発表!!

2週間前私はIELTSという英語試験を初めて受けました!!

なんでIELTSの試験を受けたかというと
一つは、自分が一年間で身につけた英語力の証明
一つは、来年もしくは再来年から海外の大学での就学

 

各大学でIELTSの必須スコアは異なるのですがIELTSスコアが6.5取得していればどこの大学でも通うことができます^^(Melbourne Uniを除き)

 

 

ちなみにこのIELTSには2つのタイプの試験があり、
General(一般)とAcademic(学問)と呼ばれます。

 

Generalは簡単にいうと移住の際に政府に提出が必要なスコアです。

 

Academicは大学入学に必要なスコアとなります。
私が今回受験したのはもちろんこのAcademicの方。

 

出題される問題の形式や難易度も変わりますが、Academicの方がReadingにおいて、より難しいボキャブラリが使われた文献等を出題されるので難易度は上がります。また、Writingにおいてもアートから経済まで幅広いトピックが
出題されるため、知識がないとアイディアにつまり思いっきりこけるでしょう。

 

さて、気になるスコアの発表ですd( ̄  ̄)

 

 

 

 

 

結果はこちら!!!

 

Speaking 6.5
Writing     5.5
Listening  7.5
Reading   7.0

Overall     6.5

 

 

なんとか海外での大学進学に現実味が出てきました!!!
とりあえずは安心( ・∇・)

 

 

 

ここからは私の感想( ´∀`)

 

正直この結果には満足してないです、スコア平均7を狙って3ヶ月計140時間使ってバイトとインターンの合間を縫ってコツコツやってきましたからね…

 

まず、ReadingとListeningについてはやった分だけ結果が出たなーと感じております!!特に苦手意識のあったListeningは、公式模擬問題集のスクリプトを使ってシャドウイングを繰り返してきたのが効果があったかなと。

あとは、朝のボーっとした時間に海外のエンジニアーのインタビューとか1日の過ごし方をYoutubeで聞き流すこともしておりました。
英語においてもプログラミングにおいてもモチベーションが上がるので楽しかったです!!d( ̄  ̄)

 

Writingは、自分の独学に限界が見えたというべきでしょうか??ww

なんせ、試験時間内に文字数もクリアし、単語の重複の使用禁止、Academicな表現にも注意できていて、自信があったのに5.5ですからね_φ( ̄ー ̄ )(クソぅっ!!)

今後は、オンライン等でも添削をしてもらわないと全体のスコアも底上げできません…

 

Speakingに関しては1分足りとも勉強せずに舐めてかかった結果ですので、次回は7.5まで持っていけるように、各トピックに対するアイディアの用意と時間内に論理的な文章構造ができるような練習を積んでいこうと思います。

 

 

次は半年後くらいにしようかなと思っており、全ての項目でスコア7以上
取ることができれば、勉強方法を詳しく紹介するページを作りますd( ̄  ̄)

 

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!




投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA