Jimの授業備忘録 reality and fiction~

 




授業備忘録

 

授業備忘録

 

  • reality and fiction    →現実と虚構

ex)Chilldren sometimes can’t tell reality from fiction.子供はたまに現実と虚構がわからなくなる。

 

  • pay off    →〜(借金など)を返す。

ex)If I had $10,000,I would pay off my debts.もし、100万円あったら借金を返済するかな。

 

  • slap       →ビンタする。基本的に顔に使うことが一般的。
  • smack             →顔以外をパチンと叩くには、Smackを使う。

ex)I smacked his bottoms.彼のお尻を叩いた。

ex)I smacked his face.彼の顔をビンタした。

 

  • used to 動詞    →以前は〜していた。

ex)I used to smoke.以前はタバコを吸っていた。

 ex)I used to be grumpy.以前は不愛想な人間でした。

 

  • The idea that ~ is actually a myth.〜という考えは実際は神話のようなものだ。

この表現は会話でも、そしてライティングの書き出しなどでも使える便利は表現です。actuallyは”実際”、mythは”神話”という意味があります。

ex)The idea that winning a lot of money  causes misery is actually a myth.大金を当てるということが不幸を招くという考えは実際あてはまらない。

 

  • mow my lawn    →芝を刈る。

ex)I mowed my lawn yesterday.昨日、庭の芝を刈った。

芝を刈ると言っても”I cut my lawn.”とは言わないようです。ちなみに芝刈り機は”Lawnmower”



投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA