Jimの授業備忘録 jaywalking~



 

授業備忘録

  • jaywalking  →illegally crossing the road.(ジェイウォーキング)

 

歩行者が信号無視を無視したり、信号がないところで道路を違法に横断することを言います。先日、クラスメイトのブラジル人が朝、学校に遅刻しそうになっていたためシティの横断歩道を渡ろうとしていました。信号は点滅しており、その間に道路を渡り切りましたが、その直後背中をトントンと叩かれ振り向くと警官が。。

 

名前と住所、そしてパスポートの写真を撮られ、”後日、違反切符を家に送るから”と一言。

 

なんと、点滅している信号でも渡れば罰金のようです。ちなみに78$(¥7,000)のようです。

 

先生から一言、”シドニーの街中の道路を渡る時にはまずは車が来ていないか、そして警察が周りにいないかを確かめてから渡るように”

 

  • urban myth  →都市伝説(アーバンミス)

定義としては、日本と同じように少し前から地方の間で伝えられ続けている確証のない話のことです。日常会話の中でも、日本語と同じように使えます。

 

e.g)What?! It’s just an urban myth!→え?!そんなのただの都市伝説でしょ!!

 

  • ballroom dance  →社交ダンス(ボールダンス)

社交..社交…social danceって言っても伝わらないかもしれません。よく映画とかにも出てくる、一つのダンスフロアに数組のカップルがゆっくり踊っているやつですね。

e.g.)I’m good at ballroom dance.→社交ダンスが得意なんですよ。

 

英語で”酔った”の使い分け方

sober(ソバー) しらふ
tipsy(ティプスィー) 2,3杯飲んでほろ酔いで幸せな感じ
pissed(ピスド) 3~6杯飲んで結構テンション上がるけど会話はまだできる(アメリカではpissedは怒ったときに使う表現なので使うと混乱させてしまうかもしれません)
drunk(ドランク) よく映画とかで見るパーティーモードです。ロレツがまわらなくなってしまうかもしれません。
sloppy(スロッピー) 意識はまだありますが、視界クラクラ、歩けない
wasted(ウェイステッド) 道端で転がっている状態

 

e.g) I got drunk[wasted] last night.→昨日は随分酔っ払たよ。

 

さて、今日はこんなところで。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。




 

投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA