日本ではじめるオンライン英会話-準備するもの-




ここまでの記事で実際にルーティンを始めて下さっている方がいたら嬉しいです。

 

あ、ちなみに参考書のDUOの回し者ではありませんからね?wあくまで、私がお金をかけずに学習した一つの方法であるので、他の参考書を使って頂いても構いません、文法も記載のあるものでしたら。さて、今日は実践のオンライン英会話の始め方についてお話しします!

 

 

-どのオンライン英会話を使えばいいの?-

私はDMMオンライン英会話の受講をオススメしております。レアジョブさんのコースも1ヶ月ほどだけ受講していました、先生の質は日常英会話コースでは違いは分かりませんでした。私自身どこで比較したかというと

①サイトのコンテンツ

→DMM英会話の方がサイトのコンテンツが充実してあり、先生の自己紹介動画が載っていて選ぶ基準を決めやすかったり、授業の予約がスマホ1台で直感的に選びやすかったり、DMMで貯まるポイントで買い物ができたり。これ以上、書くとDMMの回しものみたいになるので、控えますw

②料金

→前回でオンライン英会話の安さについては十分にわかって頂けたと思うので比較料金だけ紹介するとDMM英会話の方が月1800円抑えることができます!

 

この2点で私は継続して受講することを決めました。

 

ただ、DMM英会話もレアジョブも体験無料授業を受けることができますので、どちらも利用してみて雰囲気を見てみるといいかもれません。一応レアジョブのサイトは先に載せておきます。

レアジョブ英会話

 

 

さて、ではリラックスして始めていきましょうか!

まず、用意するものからですが、

 

①インターネット環境のあるPC

→なければ、スマホでも構いません!私もパソコンが当時なかったのでスマホで授業していました。

 

②スカイプのダウンロード

→授業で使う回線になりますので、あらかじめダウンロードしましょう。ダウンロードですが、Google検索で”スカイプ”といれて頂ければ、トップに”ダウンロードfor Mac/Windows/Linux”と出て、優しいガイドの元簡単にダウンロードができます。

 

③電子辞書か辞典アプリ

→とっさに単語が出てこないと最初は焦ります。

 

④ノート(ここ大事です)

→絶対にあった方がいいです。なにを書くか?以前の記事でお伝えした通り、自分が伝えたい表現がわからなかったとき、先生は”これが言いたかったんでしょ?”ってサポートして教えてくれます。その教わった表現と単語を必ずノートに記入して備忘録を作ってください。伝えたいなって思った表現こそ自分の言葉なので、今後もその表現は使い続けることになるかと思いますので、自分の表現・単語コレクションを作ってください!DUOノートとは別の方がいいですね。

 

ちなみ小さい手帳サイズのノートがオススメです。私はそのノートを持ち歩いて、出先で表現に困ったときにすぐ見直して自分の口から出る環境を作っていました。

 

今回は、お昼休憩まもなく終わるため準備の段階のお話で一度区切らせて頂きます。夜には、オンライン授業の話始め方を説明させて頂きます。



投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA