シドニー出発!!長期海外保険はどこを選んだか?

さあ、いよいよ3月2日 本日出発となります。ドキドキです。現在、中継地点のマレーシアから発信しております、Jimです。

 

結局、奨学金や日本で残さないといけない預金を差し引くと13万円だけ握り締めて出発することになりました。ハラハラです。

 




 

長期海外健康保険って安くてどれくらい?

 

1年間の海外保険金額

今回、私が選んだ健康保険の種類と内容を記載します。

 

ジェイアイ傷害保険のt@abiho(たびほ)を使わせて頂きます。

 

なぜ、ここが良いというと
①インターネット上だけで契約を進められる

②必要な保険項目だけをカスタマイズできる

③現地の病院を行く際にはお金を持たずに保険証だけでことが済む!

 

 

確かに短期留学や旅行では好きにプランを決められるの会社が多いのですが長期でカスタマイズして費用を抑えることができる保険会社は少ないのです。

例えば、大手AIUさんだと最安 ¥200,540
知り合いをつたって紹介して頂いた保険業の方が作って頂いた格安の見積もり書でも¥188,000
そして今回がJimが契約したジェイアイさんが¥177,000

 

 

必要な保険内容

 

短期での留学しかしたことない私ですが、その中で必要だと思ったプランは、

①医療・治療費

②個人賠償責任

 

医療・治療費は特に大事です。日本と同じで保険を払っていないで手術や診察など行う場合は完全に自己負担です。仮に盲腸などでも手術を行うことになれば何百万もの支払いが…

 

個人賠償は、例えば自転車に乗ってどこかにぶつけて壊してしまったりと損害が発生したときのカバーです。

 

私がカスタマイズした保険内容は、医療(5000万円)と個人賠償(1億円)のみです。

 

そしておもしろいのが、この医療・治療費が一番料金の高い保険項目で、実はこの¥177,000のうち訳のうち¥170,000が医療・治療費にかかる料金などです。個人賠償は残りの7,000円だけです。確かに、18万円弱の保険料は予想もしていなかった出費でしたが、先日もインフルエンザにかかったばかりのJimでしたので、万が一の万が一を考え泣く泣く契約いたしました。

 

正直初めての海外でなければ、この二つの保険以外はつけなくていいかなと思いますので、費用を抑えたい方はオススメです。

 

申し込み時の注意点

 

1点だけインターネット上で契約する際の注意点があります。それは、入力フォームでビザの申し込み番号を入力する必要があるため、ビザの申し込みを早めに行った上でプランを決めましょう。

 

ただ、前日まで申し込みが可能と期日がユルイため第一優先に考える必要はありません。

 

もしこの一年でJimがこの保険つけるべきだったなと思うものは、保存版として配信いたします。また実はもっと安くできるよ、という保険業者さんがあれば今後のために教えてくださいませ。

 

では、そろそろシドニー行きに乗り換えます。



 

日本にいるうちからシドニーでの家を探す方法




 

私のシドニー出発までいよいよ1ヶ月とわずかとなりました。相変わらず小心者のようで、緊張してきました。

 

シドニーでの家探しってどうするの?

 

 

さて、先日私は最初の1週間泊まらせて頂くルームシェアのお部屋を決めました。本日は、そのお部屋をどうやって決めたのか、私と同じ様に海外での家探しをする方への情報としてお伝えします。

 

そもそもどうやって家探せばいいの?

 

→現地に向かう前から家を決めて出国することはもちろん可能です。なので、そのお部屋を掲載しているwebサイトとオーナーへのコンタクトの取り方を詳しく紹介します。

 

Step1: JAMS.TVへアクセス(シドニーの場合)

 

1:地域を入力

ここは、皆様住まわれるところ地域はNSWのタブを選んで下さい。

2:住みたい地区の入力(最大の難関ポイント)

まず、グーグルマップを開き地区の名前をコピーしましょう。

 

グーグルマップを拡大していくと、“○○ St”という文字が各通りに記載があります。この通りの名前を”吹き出し2番”のキーワードの欄に打ち込みましょう。

 

3:金額上限設定

この欄の金額は1週間分の家賃です。シドニーであれば安くてまともな物件は130$~150$(→月4万〜5万円)くらいかなと検索して思いました。あとは、ヒットした物件の住所をグーグルマップでコピー&ペーストし、地図上で確認しましょう。ちなみに賃料の横に”ボンド〇〇$”という表記があります。これは簡単にいうと敷金のことです。

 

Step2: オーナーへコンタクトをとる

 

→物件さえ決まれば、あとはJAMS.TVのページに記載のあるメールアドレスに”住みたいです”というメッセージを送ってあげるだけとなります。

 

ただ、ここがやっかいなポイントで、記載のアドレスに連絡を取っても帰ってこないケースが多々ありました。なので、物件は何件か見つけてリーディングリストに保存しておくことをおススメします。

 

私は3件無視されてしまい、4件目の物件にLINEの連絡先が

あったためようやく連絡が取れた次第です。

 

私の場合コンタクトの取り方は以下です。

 

Hi,this is Jim from Japan.

I’m going to Sydney in March and looking for a room.

I saw your advertisement on JAMS.TV.

I’m interested in your room.Is the room still available?

 

I hope to hear from you.Thank you.

Jim

 

という感じで送信し、返事と写真を頂きました。私が選んだ物件は、1週間だけのステイが可能なためこの家にいる間で他の家を内見させてもらおうと考えています。

 

この詳細は3月に現地からお伝えしますね。

 

では、ここまで読んで頂きありがとうございました。



 

Jimがオーストラリア出発までに支払う留学費用




 

Jimがワーキングホリデーで準備していること

 

いよいよシドニーに出発するまで2ヶ月を切りました。

3年程待ってやっと訪れる出発日に大きい期待と

仕事を捨てて0からスタートする不安が少しだけ有り、

毎日ソワソワしています。(緊張症は今後も変わりません)

 

 

 

代理店を通していく海外は留学費用はいくらなの?

 

→私が今回支払わなければならない準備費用は全部で

¥1,800,000(180万円)

 

かなり高いですよね。

その理由は、今回4ヶ月向こうで働くために特化した

ビジネス英語を学校で学ぶためです。

一応内訳としても100万円は授業料とサポート代として

支払うものになります。

そして残り80万円は、

・飛行機代

・VISA代

・海外保険代

・現地での生活費

 

フィリピン留学を格安でこの3分の1で4ヶ月過ごしてきた

私からすると本当にアホらしくなる金額です。

 

なぜ代理店と学校を使って職探しをするのか?

 

→代理店と進学を考えた大きな理由は、

 

この学校が授業の修了と同時に現地の企業からの

インターシップの斡旋を請け負っているからです。

 

最初は、履歴書を持ってひたすら企業を回る安い戦法を

考えていたのですが、日本で脱サラしていくわけですから

”頑張ったけどやっぱり無理でした”

なんてことは言えません。費用が高くてもチャンスがあるの

ならと今まで会社員時代で貯めた貯金を使い切る予定です。

 

もちろんインターンシップだけうけるのであれば、他の代理店

でもう少し安く済ませることもできたのでしょうけれど、

これを機にどの業界でも行きていける英語を身に付けた上で

インターンシップに臨みたいと思い応募しました。

 

ちなみに私が通している代理店は、

ワールドアベニューさんです。

→https://www.world-avenue.co.jp

今のところサポートはマメで、信頼はできます。

 

出発してからも私が通う学校とそのプログラムを

細かく紹介し、本当に通学することが私に必要だったのか

を身を持って確認して紹介しますので、

今後是非立ち寄って下さい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 



ブロトピ:ブログ更新しました