ポータブルスピーカー JBL Flip4が安くて・使い勝手がいい!!




 

今日は、初めての商品レビューです^^

 

今回紹介させて頂くのは、私の今のお気に入りポータブルスピーカー”

 

 

アウトドア派に実にオススメ JBL Flip4

 

2017年5月にJBL社のポータブルスピーカーFlip4シリーズが発売されました。

 

JBLといえば、価格安くていい音質を楽しむことができるポータブルスピーカーを数多く持っている印象を受けていました。

 

私が農業に従事しているころ、多くのバックパッカーたちがJBLのスピーカーを愛用しており、そのときに

 

”小さくても大音量かつベース音がしっかりしているなぁ”

 

と気づくことができたのです。

 

Kマートなんかで売っている20ドルほどのスピーカーの音なども聞いてきましたが、比較にならないです( ´∀`)音圧しかり低音域しかり。

 

Flip4の特徴って??

 

今の時代当たり前ですがBlueToothによるワイヤレス視聴が可能です♪

 

そしてなんと、同時に複数台接続が可能なため、例えばお部屋や車内で使うシーンがあれば、音圧はもちろん臨場感のあるサラウンドな音を楽しむことができます♪

 

これは私自身ですでに試しましたが、2台あるとスタジオでバンド演奏しているような気分になるほどの臨場感でした。

 

※ちなみに同時に100台を接続して出力することができますwww

 

 

Flip4は防水機能もあるため、ビーチやプールにおでかけの際にも安心して使用できます。あとは、キッチンでお料理しながらだったりシャワーや入浴にももってこいですね♪

 

うっかり水の中に落としてしまっても水深1mには耐えることができます。

 

例えばキャンプの際にも雨の中でも故障を気にせず使いづつけることができますよね( ^∀^)

 

 

気になる連続再生時間ですが、フルで充電をすると…..

 

最大12時間以上連続の再生ができます!!!

 

つまりポータブルの充電機も必要ないんです♪見事にアウトドアな人へのニーズを叶えてくれる商品だなと思いました!

 

またサイズは、68×175×70(mm)/515g

簡単にいうとビール瓶一本カバンにいれるだけでもう屋外ステージを作ることができるんです♪

 

そしてそして、やっぱり私自身購入前にもっとも吟味していたことが

 

“音質とボリューム”

 

やっぱり他のユーザーのレビューを見ても具体的に伝えることができるものではないので、ここは一か八かで購入したのが事実でした!

 

まず、音量でいうと部屋の中で使用した場合、半分のボリュームでも人との会話は聞こえなくなるでしょう。そして間違いなく騒音苦情が届くレベルですww

 

そのくらい音は大きいです。

 

音質ですが、ボリュームを最大限にあげてギターの高音域を聞くとシャリシャリしたような、音の粒が揃っていないような印象を受けたのは事実です…

 

公式HPでは、中高音域に自身があると書いておりましたが、私の感覚からお話すると、むしろ低音域がしっかりしてお腹に響かせるくらいの圧力はあるなと思いました!音にしっかり丸みが出ていて、”小さい機械が無理して音を出している”という感じは一切しませんでした!!

 

なので、ロック以外のジャンルを聴くのであれば最大限のボリュームでも気持ちよく音楽を楽しめます^^(マックスのボリュームとにかくでかいので使う機会はなかなか来ないかもしれませんが)

 

⬇️これは、公式サイトのリンクなので購入の際にはアマゾンの方がもちろんお得です^^

 

 

公式価格だと¥10,880

では、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 




これからオーストラリアで農業をやる皆さんに使って欲しいKマートのイアホン

 




イヤホンの取り扱いに注意

 

もうタイトルが意味わからないですよねww

 

今回はファームジョブでぜひ使って頂きたいイヤホンを紹介します^^

 

まず、基本的にどこのファームでもイヤホンを聴きながらピッキングしていい農家が多いです( ´∀`)♪10箇所以上ファームを経験しましたが、全てのファームで使用を許されていました。※倉庫での作業は禁止されているところが多いですが…

 

 

論点はというとですね、ピッキング作業をしていると使っているイヤホンが断線する確率がとっっっっても高いんですよ…

 

例えば、なにか器具に引っ掛けて断線したり、立ちしゃがみを繰り返しているうちに断線したり…私も日本で買ったイヤホンが断線してすごい落ち込みました….

 

そこで、私がKmartで安いイヤホンを探しているときに出会ったイヤホンがこちら。

City Styleっていうシリーズです。

なんと わずか$8!!

 

 

金額もびっくりですが、なによりも音質に驚きました。私自身、ロックを好むもので特にバスドラム・ベースとギターの低音域をイヤホンに求めるのですが、見事に条件をクリアしております。

 

とても$8のクオリティとは思えません。

 

 

ただ、私が買った黒のイヤホンはコードが弱く断線が続いておりましたが最近新しく発売された新たな”City Style”というプライベートブランドがとにかく丈夫で金額も変わらないんです!!

 

オンラインショップではまだ出していないので、雑な写真になりますが、

 

こちらです。

コードが紐状になっているのが2種類店頭にて発売されています。

 

コードがプラスチックのものは断線しやすく、店員さんも“最近苦情が多かったんですよ”というくらい。

 

紐かよ!!!!( ´Д`)y━・~~と思って使ってみたら音質も変わらずで、大満足!!!!!音楽があれば辛い農業も乗り越えることができますよ^^

 

では、ここまで読んで頂きましてありがとうございます^^



オーストラリア セカンドビザを取るならここがオススメ!Ayr エアー

 




安定して時給制の仕事を探すならここ!AYR

 

私がブリズベンから抜け出し、次に向かった街はエアー!!ケアンズから車で4時間ほどの小さな街です。エアーへの行き方は、まず飛行機でタウンズビルまで飛び、そこからはグレイハウンドのバスで向かいます。安い時期なら飛行機とバス合わせて150ドルでエアーまでの運賃が済みます^^

 

 

私が3ヶ月滞在していたのはAyr Backpackers Hostelです。Ayrで一番規模の大きいワーキングホステルになります。

 

家賃は$150ボンド$200です。そしてこのホステルの近くにシェアルームも20部屋ほど持っていてもし空いていれば、より快適に過ごすこともできます。家賃は同じく$150。

 

街には、Coles,Woolworths,Target,Pub,Club,その他レストランが見事に揃っています。小さな街なので全て歩いていけるところがとっても便利( ^∀^)

 

このホステルはどんな仕事があるの??

 

 

まず、仕事はほとんど時給制の仕事となります!!平均的に時給23ドルほどですね!!そして肝心のシーズンは3/4月から12月までとなります。

 

このホステルは20~30近くのファームと契約を持っているため、仮にクビになってしまっても次の日には別の時給の仕事をアレンジしてくれることがほとんどです!!

 

中には歩合制の仕事もありますが、レートが他の地域より高く、時給の仕事よりも稼げる内容になっております。具体的には1日8時間で$200ほど♪

 

Ayrでの仕事は、パプリカのピッキング・パッキング、メロン、すいか、きゅうり、かぼちゃ、とうもろこし、チリ、マンゴー、なすびなどなどです。その中でも私はパプリカとメロンのピッキングを主に三ヶ月通して行いました( ´∀`)

 

ちなみにAyrの3ヶ月で貯まった金額を公開すると$5000です!まあ、毎週飲んで家賃も払ってこれだけ残れば、悪くはないかなと( ´Д`)y━・~~

 

私が働いていたカプシカム(パプリカ)のファームは多くの労働者を雇っていました。このファームの良いところは、仕事がとにかく安定しているところ。嵐が来ない限りは、月〜金は8時間、土曜日は6時間しっかり働けます。

 

悪いところは他のファームより給料が低く時給$20、そしてピックアップ費が往復に10ドルもかかること。そして最初の3日、慣れるまでは腰を一日中曲げることに苦労するところです( *`ω´)

 

 

日本人も多くいましたが、それ以上にヨーロピアン、南米から人が集まり仕事中も和気あいあいとした空気でピッキングができます^^  こんな感じで↓

 

そして毎週土曜日の夜は、街にあるパブに集まり、交友を深めるのです( ´∀`)本当に素敵な仲間ができました♪

所在地: 54 Wilmington St, Ayr QLD 4807
電話: (07) 4783 5837

 

安定した給料、そしてインターナショナルを求めるならここは十分にオススメできます^^

 

では、ここまで読んで頂きましてありがとうございます!!



オーストラリア Gattonキャラバンパークでセカンドビザの取得を考えているそこのあなた!!

 




 

ガトンって街、結局働きやすいの??

 

Gattonはブリズベンからバスで1時間半ほどの距離にある農業が盛んな町です。

 

私はGattonで1ヶ月弱農業をしていましたので、その経験を今農家を探している皆さんに情報発信できればと思います! まず、行ってみた感想から!!!( ´∀`)

 

結論:お金は貰えないし、ひどい家に住まわされるがヨーロピアンの友達はめちゃくちゃ増える!!

 

これが結論です。

 

まず、Backpackers Job Australiaで探すと、Gatton(もしくはその周辺)で募集中という文字を見る方が多いかと思います。Gattonにはいくつもの農家と契約をして、そこに向けて労働者を派遣するキャラバンパークが複数あります。

 

なので、”あっ!!いい農家見つけた!!” と思ってメールを送ってみようとすると電話番号が他のページで見つけたものと同じであることがよくあります。

 

 

さて、そんなこんなで私もウェブサイト上で“きゅうりのピッキング 1日平均で$160”という謳い文句が目につき、申し込み。電話番号が送られてきたので、こちらの到着日時を伝えると”わかった迎えにいくから着く30分に教えて!”とだけ。それだけかよ!という適当さと返信に2日かかることから心配でたまりませんでした。

 

Gattonに到着……周りになんにもないwwwそしてまたも返信が来ないので、絶望感を味わっておりました( ;∀;)

 

どうしようもないので電話をかけて見ると、”今向かってるからそのままバス停で待っていて”と。ふぅ……。

 

無事、仕事を斡旋しているエージェントの方が私をピックアップしてくれ、今後の説明をするため彼らのお家へ。

 

宿泊施設はキャビンで週150ドル、4人が住める所のようで、明日から仕事ができるとの朗報!!!

 

さらにキャビンに滞在している約50名のうち、アジアンは私を含め3人だけ。しかもその二人は、台湾人なのですが 一人はカナダで幼少期過ごしていた女の子、もう一人はイギリスの大学を卒業した男の子。英語に関して言えば、私は底辺でしたww

 

そして他の国籍は、イギリス🇬🇧アイルランド🇮🇪ドイツ🇩🇪スウェーデン🇸🇪イタリア🇮🇹フランス🇫🇷カナダ🇨🇦

 

 

ちなみに私が宿泊したGattonのキャラバンパークはヘリドンスパリゾートというところです。

 

着いて、そうそうキャビンが立ちならんでいる光景に少しワクワクしました、なんせキャンプに来ているみたいでしたからね♪

 

ただ、部屋を案内されて驚いたのが、

 

…あまりに狭い。。。

 

 

そして、この狭さで男女混合になるとのこと( *`ω´)まあ、プライバシーなんかはすぐに諦めました!!そして、ルームメイト女の子3人でしたww台湾・イギリス・フランス人ガールズ。

 

その夜はガールズトークに割り込むことはできず、控えめジャパニーズボーイとして過ごすことに…

 

ただ、キャビンの外では他の居住者とのんびりお酒を飲むこともできたので、友達作りには全く困りませんでした。

 

また、居住者それぞれ採った野菜を持ち帰ってくれるので食事にも困りませんでしたww

ヘリドンキャラバンパークの仕事

さつまいも

朝5:20分にハイエースでみんなで農家に向かいます、めちゃくちゃ早い…。(5:30はまだ真っ暗で星がとても綺麗に見えます)まず、初日の仕事はきゅうりではなくさつまいものピッキングでした!( ´Д`)

 

農家からは、”みんな畑の真ん中あたりから始めてくれ!”という指示のみ。わけがわからないのでとにかくみんなの後を追うのみ。

 

具体的な作業はというと、いくつかのバスケットを収納されているコンテナから持っていきそれを畑の上に等間隔に設置していきます。次に、すでに重機で掘り出されているさつまいもをどんどんバスケットに入れ、いくつかのバスケットが満杯になれば、水の入った1.5m四方程のボックス通称Bin(ビン)に移し替えます。このビンが満杯になったところで始めてお金になるのです。その農家のレートは1ビン20ドル。4人で作業すれば一人たったの5ドル!!世知辛いですよね!!

 

初日は、芋の用意ができておらず、なんと6:30に始まり10:00には終了しました。そして、さらにひどいことに私のチームはなぜか8人ものメンバーがいた為(しかも全員女の子)終わってみれば、給料はたったの30ドル!!時給換算10ドル!あわわ

 

初日に気づいたのは、歩合制でチームを組むのは理にかなっていないということww

 

また後日ピッキングする機会はありましたが、私が通う農家では90ドルが日のマックスでしたね。その日は7時間ちかくの労働時間でした、時給換算13ドル程度ですね。

 

いもをバスケットに入れるだけなので、とても肉体的に楽です。音楽かけても、おしゃべりしても、タバコを吸ってもなんでもありでした。ストレスフリーではあります( ^ω^ )

 

 

きゅうり

こちらは、グリーンハウス内でのピッキングでした。車輪のついたバスケットに良いきゅうりを選別してひたすら獲るのみ!!! こちらもおなじくバスケットがいっぱいになればビンに移し替えます。1ビン40ドルですが、収穫量を徐々に減っているようで1ビン埋めるのにどう急いでも3.5時間かかるという大変さ。

 

この仕事は完全単独作業で休憩以外だれとも話さないためグリーンハウスの中1日中孤独ですww ずっと音楽を聞いてました。農家さんはルーズなのでいくら休憩しててもなんにも言いません。

 

きゅうりでの最高賃金は90ドルが限界でした。その日のノートによると8時間は働いているので、時給は12ドルほど。

 

後日またきゅうり農家に行き、パッキングをさせられたのですが、これが最もお金にならない仕事でした。内容は、一箱10kgになる箱に完璧な形のきゅうりを選別して詰めるという作業でした。ビンの中から全く同じサイズを見つけなければならないので、とても時間がかかります。

 

そして1箱の値段は40セント!!!もう泣けてきました。。。
本当に泣きながら歩いてました…www

 

その日は8時間倉庫で作業し、やる気もでないため20箱をだらだらとパッキング。つまり1日8時間で8ドル。。。時給1ドル( ;∀;)数日で時給制の仕事を探さないといけないと気づかされましたね。。。

 

 

もちろん時給の仕事も斡旋はしてくれるのですが、その数はとても少ないため長くステイしている人を優先的に採用するようです。

 

 

 

結論、私がいたGattonのHelidonキャラバンパークで時給制の職を見つけるには2ヶ月は必要となります。なので、時給制の仕事が欲しい他のヨーロピアンが取った次の方法はグーグルマップで”Farm”と入力し、近隣にある農家に片っ端から電話をして、時給制の仕事を見つけるという方法でした!( ^ω^ )

 

 

ガトンでの余暇

日曜日はみんな休みを取るので、毎週朝にパンケーキを食べていたのがいい思い出ですね!!

あと、車を持っている人に国立公園なんかに連れて行ってもらうのもいいです!!

 

 

 

お金に余裕がある方はぜひ、Gattonのヘリドンキャラバンパークに申し込んでどっぷりインターナショナルな空気に浸かってみましょう!

 

電話番号は0459244374まで

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

オーストラリア どこの農家でセカンドビザ取得すればいいの??

 




 

結局どこの地域のどんなファームで働けばいいの?

 

私も出発前は情報収集にとにかく時間を費やした記憶があります。

そしていくら時間を尽くしても、有力な情報って中々出てこないのです。

 

それは、農家の状況は毎年毎月コロコロと変わるので保証が全く

できないからなのかなと思いました。

 

だからここの農家に行けば、”稼げるよ・楽だよ・英語環境あるよ”なんて

私も言えないんですよね( ;∀;)

なので、ネットで農家を探して良い情報を見つけて、いざ農家に着いたら

状況が変わってた…なんてことはざらにあります。

 

 

ただし、コロコロ状況がよくない方向に変わるなら、その地域に

たくさん違う農家が集まっていれば移動費も節約できるかなと

思いました。

 

 

そしてその答えはクイーンズランドにあると思いました。

クイーンズランドオーストラリアの右上に位置して、

ケアンズ・ブリズベン・ゴールドコーストで有名ですね♪

 

どうして農家がたくさんこの地域にあるかと言うと、年中天気が良くて

あったかいからです^^

 

なので、この記事ではクイーンズランドに特化して記事にしていきます。

 

 

農家ってどうやって探せるの?

 

一番いいのは、現在農家をやっている友人から情報をもらうこと

なんですけどそんな友達普通いませんw これから始める人に

とっては現実的じゃありません…

 

なので最初はネットで探しましょう!!

私が使ったサイトはこちら

 

Backpacker Jobs

Gumtree

 

 

この二つです。他にも日系のサイトもありますが、

私は”稼ぎたいし・ビザ欲しいし・英語環境欲しい”

という欲求の塊だったため、アジア人以外がより使うサイトを

選びました!ww

 

使う順番は、Backpacker Jobsからです。Gumtreeは情報量が

多すぎるため、前者から潰し込んだ方がいいです。

 

さて、さっそくどう使うか見ていきましょう( ´ ▽ ` )

 

さて、まずどちらのサイトも全て英語による記載となっております。

最初は ウッ( ´Д`) となるかもしれませんが、結局どのページも

同じことを言っているので、最初に5ページくらい読めばすぐに

なれます。

 

↑ちなみにピンクでアンダーラインを引いたところが

私が目を通した部分になります。

 

・週に何回働けるか

・給料は時給/歩合でいくらなのか

・家賃はいくらなのか(freewifi付きか)

・農家までいく運賃は無料か

 

とても重要な情報です。

 

まず週6で働くことが目標とした方がいいです。

 

次に給料は、時給のファームを探すことをお勧めします^^

歩合で稼げるようになるには時間がかかりますし、

天候・シーズンによっては全く稼げません( ; ; )

※歩合制をやっていたころは、一度8時間働いて8ドルに

しかならないこともありました…..

 

家賃はMaxでも150ドルを目安としてください。

それ以上は負担となるだけです。

 

そして運賃→トランスポート

無料のところも多くあります。

時給の仕事であれば往復1日10ドルを上限として考えて下さい。

 

 

どうやってコンタクトを取るか??

 

Backpacker Jobsページを下にスクロールしていくと

直接メールを送信できるフォームがありますので、

まず必ず自分がJapaneseであることを記載しましょう!!!

 

あとは、いつその地域に到着できるか簡単に伝えましょう。

日本人特権でどのファームも喜んで受け入れてくれます^^

 

もしファームの電話番号が掲載されていれば、

直接その番号にメッセージ、できれば電話をして約束を

取り付けることをお勧めします!!

 

なぜならメールフォームの返信は1週間以上待たされることが

多いからです。なので、複数のファームにあらかじめ送信しておく

ことが大事です。

 

ちなみにGumtreeの使い方も同じです!!

 

それでは、これからファームジョブをする皆さん、

幸運を!!!!

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます^ ^




みなさん、ただいま( ´∀`) そしてシドニーでケータイをなくしました!! 対応方法身をもって教えます。

 





 

みなさん、お久しぶりです♪

 

ようやくシドニーに帰って参りました。

 

今日はただいまの挨拶を兼ねて情報系ではなく、雑記にしたいと思います( ^∀^)

 

前記事でもお伝えしたのですが、私シドニーから遠く離れたAyrという街で4ヶ月農業に従事しておりました!ちなみに場所はここです↓

札幌から山口くらいあるのでしょうね。行きは飛行機とバスで行ったのですが、帰りは友人とロードトリップを兼ねて2500kmを4日かけて車で帰ってきたんですww

 

ゴールドコースト、オーストラリア最東端のバイロンベイ、コフスハーバー、ニューカッスルなどの定番に加え、他の日本人が絶対通らない田舎町で釣りなんかしちゃったりと弾丸で満喫して帰りました^^

 

↑オーストラリアの最東端

 

なぜ農業をやっていたかと言いますと、オーストラリアでは季節労働をするともう一年滞在できるビザを付与してくれるんです。最初は、農業なんて全く興味もなかったし、そこまでしてビザを取ろうなんても思わなかったのですが、滞在期間を伸ばすことでインターンシップを経験できる期間も伸びると思い、決意しました^^

 

具体的になにをしていたかは、今後ゆっくり記事にしてご紹介します♪

 

それよりもですね、シドニーに帰ってきてからというもの、緑や自然が恋しくなってしまって昨日近所の公園におさんぽにお出かけしたんです。(実はこの4ヶ月でシティライフよりも田舎ライフにすっかりハマってしまったのです。太陽は人をオカシクさせてしまうようですね)

 

そして木の下でボーっと7ヶ月前に買った英語版ハリーポッターを読んでのんびりしておりました( ´ ▽ ` )(開いたら5ページしか進んでませんでした)この写真まさにその時のものです。

 

そして家に帰ってから気づいたのです…

 

”ケータイがないっ!!!( ;  ; )”

 

いそいで公園に戻ったのですが、そこにはもちろんのごとく私のオーストラリアで購入した携帯電話はありませんでした…

 

シドニーで物をなくすと99%返ってこないことを知っている私はすぐに諦め、気持ちを切りかえ、Vodafoneショップにて無くした携帯電話のデータ使用を停めてもらうことに!

 

あ、この手続きは簡単なので、もし無くされた方は店頭にパスポートと電話番号だけ持参して行ってください。もしあなたが違う携帯電話端末を持っていれば、店員さんが新しいSIMカードを無料でくれて、そのカードを端末に差し込むだけで電話番号もそのままで使用できますので( ^∀^)

 

あと私、農作業中にメガネも紛失してるので新しいメガネも購入しないとなりません。今月出費がすごいことになりそうです$$_¥¥

 

まあ結論、農作業はきつかったのですが友達がたくさんできて交流も深められたので、良い4ヶ月を過ごせたなと思います^^

 

 

ぐだぐだと普段の記事より長くなってしまいましたが、これからも出来る限りテンポよく更新できればと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します♪

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。



オーストラリアのセカンドビザ取得 結局なにを準備をすればいいの?


オーストラリアに2年間滞在するには??

実は私Jim、オーストラリアにとりあえず1年いるつもりで来たのですが、急に気持ちが変わりセカンドビザを取って2年間は最低でもオーストラリアに滞在することに決めました♪^^

 

 

セカンドビザをとる理由としては

 

①インターシップを受ける会社での滞在期間を伸ばす

②インターンシップを実施する会社数を増やす

 

ことで現地の企業からスポンサービザを貰える確率を少しでもあげようと思ったからです。

 

ただえさえ私のように特にスキルもない人にとって、”給料払ってあげるからもっとウチの会社にいてよ”と思ってもらうことが難しいものです(_ _).。o○

 

 

 

少し話は逸れましたが、結局セカンドビザって何?ってところをこれから何記事かに分けて簡単にご説明致します♪

一番の注意点:期限

 

 

”きつい労働をしないとビザはあげないよ”ってことですw

 

とにかく肝心なのは、1年目のビザが切れる前に労働期間とビザ申請期間を逆算して、労働計画を立てること結論、セカンドビザの申請期間も考慮して、ビザ失効の最低でも1ヶ月半前には季節労働から戻ってくることが必要です。申請してから承認が降りるまでは、人によってまちまちなようです。なんと1日で承認が下りたひともいれば、2~3ヶ月かかってる人もおりました。申請に間に合わなければ 苦労が無駄になってしまいますので、くれぐれも計画的に。

 

 

季節労働 種類 

-農業-

 

オーストラリアでワーホリを考えている人にとってはもっとも知られている分野です。行う仕事については、別の記事でも詳しく紹介しますが、

 

野菜や果物の収穫、植え付け、パッキング、草むしり、石拾い、牧場での馬や家畜のお世話などなど。働く農家によって種類も様々です。

 

-建設-

 

私は建設業に携わったことがなく、経験者の友人たちか聞いた話の紹介になります。

 

ポジションにもよりますが、想像の通り身体的に農業よりも辛いことが多いようです。ただ、時給でみると農家より高いことも多く、ビザを取得しながらも稼ぐにはもってこいです。基本的に重機だったり、建設の主となる作業ではなく材料の運搬だったりヘルプに回る仕事がメインのようです。あとは廃材の分別だけ1日中やって楽をして稼いでいる人もいましたねw

 

あと交差点で交通整理をする仕事もありますが、基本的に女性が多いですね。このポジションにつけたら最もラッキーなくらい!!

 

農業と比較すると圧倒的に日本人の労働者が少なく、英語環境にはいいかもしれません^^働くにあたってホワイトカードという資格を保有する必要があります。オンライン上で取得可能で一般教養のようなものでハードルは低いですが、Facetimeを使ったオンライン英語面接もあります。($30程度)会話レベルはPre Interもしくは英語を3ヶ月毎日1時間でも勉強してる人なら受かると思います。

 

鉱業・漁業

私の中で情報は少ないのですが、鉱業においては炭鉱での仕事もあるようで作業の危険度によって給料が大きく変わるようで、例えばトンネルを掘り進める作業員が時給60~70ドルトラックドライバー時給40ドルその作業員達のお弁当を作るスタッフでも30ドル以上もらえたり。ただ、現場の職に着くには過去の経験が問われるのでハードルは高いかと思います。

出発前に揃えるべき書類・手続き関係

この書類というのは、これから農家に対して提出する資料となります。パスポート以外は忘れても応急措置はできるのですが、例えばインターネット環境がなく提出資料をダウンロードできない、田舎にコピー機がなく印刷ができない( ;∀;)など後々面倒になるので、シティにいる間に済ませましょう。

 

 

-書類関係-

 

①パスポート

 

②パスポートのコピー

 

③ビザNOが記載のあるプリント

→必ずケータイのメモ帳などにパスポートNOと

VISAの番号(VISA Grant Number13桁)と有効期限を

控えておきましょう。どのファームでも記入を求められます。

 

④Form1263

→働く農家に”いつからいつまで働いて、いくら給料を振り込んだか”

という記入をして貰って最終的に私たちが政府に提出をするものです。

こちらがPDFです。このまま印刷してご使用ください。

 

-手続き関係-

 

①オーストラリア銀行口座の開設

→何種類か銀行はあり、金利や手数料、使い勝手などの良し悪しはありますので、こだわりがある方は、じっくり調べてから開設するといいでしょう。ちなみに私はANZを使っています。シンプルで使い易いです。口座番号もメモ帳に控えましょう。

 

②Superannuation(退職年金) の口座開設

→農家によっては、労働者に積立式の年金を別口座に入れてくれるところがあります。私の場合、一件目に働いた農家では口座が必要なかったのですが、二つ目に働いた別の農家から口座の開設を急遽要求されました。

 

ANZではSuperannuationの口座の開設もできます。通常、銀行口座を開設する際窓口の方が年金口座も開設する必要があるかを尋ねてくれますので、①と同時に開設してしまうことをお勧めします。

 

私のように、年金口座の開設を後回しにした場合でも後に開設できますのでご安心を。窓口で頼んで、翌日には年金番号がメールが届きます。銀行のアプリにも反映されるようになります。年金番号(Membership Number)もメモ帳に控えましょう。

 

③Tax File Numberの取得

→我々労働者も税金を支払う必要があり、セカンドビザを申請するにあたってこの納税者番号を登録する必要があります。ウェブで登録後、通常1〜2週間後にTax File Noが記載された手紙があなたの元に届きます。

 

※私の場合、手元に届かなかったため、税務署に電話をかけ自分の

・パスポートナンバー

・住所

・生年月日

を伝えることで口頭で番号を受け取ることができました♪(電話番号13 28 61)

 

ちなみにTaxFileNoが記載されている手紙はどこのファームでも提出は求められないのでご安心を。取得したNoもメモ帳に控えましょう。

 

さて必要最低限な準備はこれで整いましたね!!!!
今日はこの辺で切り上げましょう、引越しの準備をせねば( ´ ▽ ` )

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!