日本で始める英会話 初級編!-序章-




-留学しないと英語は話せないの?-

 

さあ、今日から日本にいながら英会話を取得する方法書いていきます。今の時代、英会話を習得したい人はGoogleの検索で”英会話 勉強”  ”英会話 初心者”など、勉強方法を調べるとたくさんの情報サイトがアップされていることが実感できますよね!

 

けど、ワンポイント英会話などが基本だったりこのアプリ使ってみて といったような文章が多く、もともと英語を勉強していない人にとってこれを覚え続ければ大丈夫なのかな?ってとても不安になりませんか?

 

私もそうです。未だにいろいろなアプリやPodcastをダウンロードして使ってはみるのですけど活用方法が悪いためか、本当に続かないし、覚えられない…
きっと、こう思う人って本当に多いと思うんです。だからこそ、私が日常英会話を取得するまで行った具体的な方法を交えながら、勉強の始め方から丁寧に読者様に寄り添う形でご紹介できたらと思います。今の時代、日本にいながらでも、英会話の取得はできますよ!

 

– Jimって結局話せるの?-

 

私もハッキリ言ってこれからオーストラリアに飛び立つ身のため、ネイティヴレベルとは遠いものではございます。ただ、前回の記事で書いた通りフィリピンで行った4ヶ月だけの留学で、初心者がどれだけ英会話を向上できるかを見れるため、ペラペラ喋れるより私ぐらいのレベルの方が勉強期間とその尺度を見れるため丁度良いかなとwww

 

ですので、私のブログではこの1年はあくまで英語初心者に向けた勉強の方法に特化していこうかなと思います。



 

日本で始めるオンライン英会話-なぜオンラインを選ぶのか-

 

 

 

 

オンライン英会話を始めてみませんか?

-前回までのおさらい-

 

はい、前回の記事ではまず、用意する教材の準備と使い方についてお話しをしました。ちなみに前回1日に5ページは進めて行きましょうというように言いました。DUOは全600ページであるため

1日/5P×30日=150P×4ヶ月=600P

で一周する計算になります。

 

-4ヶ月も経ったら単語忘れない?-

大丈夫です。なぜなら最初の1ヶ月のルーティンをこなした後はいよいよ実践です!まだまだ、単語も文法も不足しているので、もちろんスムーズに会話をすることはほぼ不可能かもしれません。

 

ただ、このルーティンの特徴は、短期で集中して単語を覚えていくので、速読してDUOを1週してうろ覚えのまま会話で活かすよりも、定着率がUPされるかなと自分の経験上から言えます。もちろん個人差あるので、断言はいたしませんが、私は勉強苦手で覚えが悪いので、5ページと決めて朝と晩に反復する方が会話で思い出しやすかったのです。

 

-どうやって外国人と話すの?-

ここからが本題です。私北海道に住んでいるのですけど、国際交流センターとか行っても全然外国人と出会えないし、出会えたところでフィリピン留学のために資金稼ぎが忙しくて、スケジュールがまあ合わないんです。。。またBARで出会ったところでネイティブと会話するレベルがなかったので、路頭に迷っていたんです。。。

 

もし、都心に住んでいて”英語喋るのも恥ずかしくないし、友達作りは得意!”って方は、是非そのまま突き進みましょう!ただ、私のように”いきなり対面してネイティブと話すのとか無理です(/ _ ; )”って方に以下を紹介します。

 

外国人とも出会えないし、あったところで上がって喋れないよって私が出会ったのが、スカイプによるオンライン英会話でした。今や広告でもたくさん見る機会が増えましたよね。最初、めちゃくちゃ抵抗ありましたwww

 

-オンライン英会話を選ぶメリットは?-

ただ、なんでそんな私が継続して授業を受けることが

できたのか簡単にメリットを書きます。


①月々の利用料が格安!

→私が受けているコースは、毎日1コマ約30分で

月/4950円      総時間/900分  ⇒ (1コマ/160円)

大手の英会話教室のマンツーマンと比較すると

月/10692円 総時間/200分  ⇒ (1コマ/1600円

 

月々の費用が1/10に抑えられます!

※ちなみに、なんで”1コマ約30分”って書いたかというと先生によって話が盛り上がって大抵25分で終わらないからですw

 

②先生は基本的にネイティブじゃない!

”え、ネイティブじゃないならダメじゃん”と思わないでください。これがなぜメリットになるかお分かりになりますか?オンラインの先生のほとんどがフィリピン人だったりもともとネイティブではなく、英語を勉強した人が先生になっていることが多いのです。

 

だから、私がどもったり、伝えたいのに表現がわからないときは、”これが言いたいんでしょ??”って、英語学習者の気持ちがわかることがとても大きなメリットになります。

 

③好きな時間に学習ができる!

→朝から晩の24時間で好きな時間に予約を入れることができます。忙しい社会人や学生さんにとってとても心強いです。なので、正直なところ”予約入れてたけど今日は本当に疲れた”って日は、時間をずらしたり、先生に迷惑ですけどキャンセルを入れることができるのも事実でした。

 

④教材は無料でダウンロードできる!

→私にとってこれが大きかったです。英会話教室とかの教材費って本当に高いですし、いや、これ要らないよ…てなることがあったのです。紙媒体ではないので、かさばらないのもいい点です。また、カテゴリー分けが細かくされているので、旅行英語、日常英会話、文法、TOEICなど自分が学びたい分野を勉強することができます!だから、前回お伝えした座学の単語と文法のルーティンは1日5ページだけで十分なのです。

 

⑤毎授業で先生は好きに選べる!

→ここで、ようやくデメリットの話にも繋がります。先生も人間ですwww”なんだか自分に合わないな”とか”この先生教えかた下手だな”とか思う先生も絶対にいます。私はお気に入りの先生を見つけるまで、5~6人変えたりしていました。


 

以上が私自身が受講して感じたメリットの紹介でした。

 

記事が長くなってしまっているので、次回実際にオンラインして話す挨拶や先生の見つけ方など続きを書いて行きますので是非、寄ってくださいませ!

 

 

日本ではじめるオンライン英会話-準備するもの-




ここまでの記事で実際にルーティンを始めて下さっている方がいたら嬉しいです。

 

あ、ちなみに参考書のDUOの回し者ではありませんからね?wあくまで、私がお金をかけずに学習した一つの方法であるので、他の参考書を使って頂いても構いません、文法も記載のあるものでしたら。さて、今日は実践のオンライン英会話の始め方についてお話しします!

 

 

-どのオンライン英会話を使えばいいの?-

私はDMMオンライン英会話の受講をオススメしております。レアジョブさんのコースも1ヶ月ほどだけ受講していました、先生の質は日常英会話コースでは違いは分かりませんでした。私自身どこで比較したかというと

①サイトのコンテンツ

→DMM英会話の方がサイトのコンテンツが充実してあり、先生の自己紹介動画が載っていて選ぶ基準を決めやすかったり、授業の予約がスマホ1台で直感的に選びやすかったり、DMMで貯まるポイントで買い物ができたり。これ以上、書くとDMMの回しものみたいになるので、控えますw

②料金

→前回でオンライン英会話の安さについては十分にわかって頂けたと思うので比較料金だけ紹介するとDMM英会話の方が月1800円抑えることができます!

 

この2点で私は継続して受講することを決めました。

 

ただ、DMM英会話もレアジョブも体験無料授業を受けることができますので、どちらも利用してみて雰囲気を見てみるといいかもれません。一応レアジョブのサイトは先に載せておきます。

レアジョブ英会話

 

 

さて、ではリラックスして始めていきましょうか!

まず、用意するものからですが、

 

①インターネット環境のあるPC

→なければ、スマホでも構いません!私もパソコンが当時なかったのでスマホで授業していました。

 

②スカイプのダウンロード

→授業で使う回線になりますので、あらかじめダウンロードしましょう。ダウンロードですが、Google検索で”スカイプ”といれて頂ければ、トップに”ダウンロードfor Mac/Windows/Linux”と出て、優しいガイドの元簡単にダウンロードができます。

 

③電子辞書か辞典アプリ

→とっさに単語が出てこないと最初は焦ります。

 

④ノート(ここ大事です)

→絶対にあった方がいいです。なにを書くか?以前の記事でお伝えした通り、自分が伝えたい表現がわからなかったとき、先生は”これが言いたかったんでしょ?”ってサポートして教えてくれます。その教わった表現と単語を必ずノートに記入して備忘録を作ってください。伝えたいなって思った表現こそ自分の言葉なので、今後もその表現は使い続けることになるかと思いますので、自分の表現・単語コレクションを作ってください!DUOノートとは別の方がいいですね。

 

ちなみ小さい手帳サイズのノートがオススメです。私はそのノートを持ち歩いて、出先で表現に困ったときにすぐ見直して自分の口から出る環境を作っていました。

 

今回は、お昼休憩まもなく終わるため準備の段階のお話で一度区切らせて頂きます。夜には、オンライン授業の話始め方を説明させて頂きます。



日本ではじめるオンライン英会話-実践してみましょう-

 

英語初心者でもオンライン英会話はこわくない

前回、オンライン英会話を始めるために準備することをお話し致しましたので、今日は実際に授業を始めるポイントをお伝えします。

 

オンライン授業を予約した後は?

前の記事のルーティンも一ヶ月経てば、きっとちゃんと続けられたぞっていう自信はつきます。まずは、先生に身をまかせる気持ちを作りましょう!

 

ちなみに予約する際ですが、予約画面にて教材を選ぶことができますので、一番はじめの授業は “基本会話” を選んで授業の雰囲気を見ることにしましょう!

 

どの先生でも必ず自己紹介から授業が始まりますので、せっかく無料の教材を使いながら自分自信の”テンプレ”を編み出す練習をオススメします。

 

教材”基本会話”の1回目の教材は”My name is Jim”や”I’m 12 years old”など中学校1年生のレベルから始まります。喋るのが怖いという方は、ここから肩慣らしをしていきましょう。会員であれば、あらかじめ教材の中身を見ることができるので、予約する前に教材の中身を見て、勉強したい内容を予め確認することで無駄な授業も無くなります。

 

どうやって会話を始めるの?

”逃げフレーズ”を覚えましょう

 

最初の一言はもうこれだけです!”Hi,Nice meet you.I’m Jim.”とこちらから話せば先生がその発音や話し方、表情などを判断して、趣味や仕事などあなた自身への質問を変えて先生が会話をリードしてくれて、スピードも調整してくれます。

 

そして、皆さんスピーキングよりもリスニングの方が心配で聞き取れるかな?って思う方が多いのではないでしょうか?

 

ただ、心配しないでください。この授業はスカイプで行われます。つまり 先生がタイプしてメッセージで送ってくれます!どうしても聞き取れない単語があると、辞書でも調べようがないですからね。

 

授業で困ったらどうすればいいの?

まず、聞き取れないときには一言、”Sorry again(ソーリィアゲイン⤴︎?)って聞けばゆっくり言い直してくれます。それでもなに言ってるかわからないときは最初のうちは、そこで初めて困った表情で語りかけましょう。他にも紹介した表現はたくさんありますが、前回お伝えした通り、パソコンの前にはノートがあるはずです!

 

自分が伝えたかった表現をすぐに書き写しましょう!”Just a moment, please!” で全然OKです。

 

ここがポイントなのです。自分が言いたい表現を導くための表現をまず覚えることが必要なんです。簡単にいうと“こういう時は何ていうんですか?”って質問を英語でできるようになることが、習得への近道だと思うのです。次回この質問の仕方についてパターンに分けて細かく紹介致します。

 

これさえマスターすれば翻訳アプリを使わずに自分の力で、”生きた英語”をマスターできることが期待できますので、要チェックです。

 



日本ではじめるオンライン英会話-聞きたいこともわからないときには

今回は、初めてオンライン英会話に挑戦される方への実践編のアドバイスの続きをお話をします。

英語で言いたいことを伝えられないときは?

 

今回のテーマは、『慣れない授業で言いたいことが伝えられない』時の対処方を紹介します。実際に私自身も英会話の中で使う文法を記載しますので、初心者の方は授業用に用意しているノートの始めのページにメモしておくことをオススメします。

 

伝えたい英語の表現が出なくてどもったら?

→オンラインした最初、何もわからず”Ahh~,Ahh~”ってなってしまうのは仕方ないことです。ここで、助けも英語で求めることができないと焦りが募るばかりですよね…私も最初はどもるし、先生は助けてくれないし本当に焦りました。

 

そこでまず最初にメモして頂きたいのは、

・How can I say?(ハウ キャナイセイ?)

直訳すると”何て言えばいいかな?”って独り言の質問系みたいな感じです。厳密に言うと文法とか間違っているんですが、ただフィリピン人の先生自身も使う表現ですので、ツッコまれる可能性はほぼ0%だと思います。

 

言葉が出なくて詰まったらクッション言葉としてまず使って一度考える時間を作る言葉です。この間に先生もあなたが言いたいことを一緒に考えてくれます。もし、単語を調べてすぐに伝わりそうならば、How can I say?に続けて

・Give me a second.(ギブミー ア セカンド)

直訳すると”ちょっと待ってください”

・Give me a minute(ギブミー ア ミニット)でもいいです。

このフレーズで間合いを作り電子辞書もしくは辞書アプリで単語を調べましょう。

 

 

伝えたい表現や文法がわからないときは?

 

→調べてもすぐにわかる表現じゃないな。という時の逃げフレーズを紹介します。まず先ほどの How can I say?で一度時間を作ってこう続けましょう。

 

・I can’t explain it in English…(アイキャント エクスプレイニット インイングリッシュ)

 

直訳すると”英語じゃ説明できません…”です。※この表現も自然かどうかよりもいかに即戦力で覚えやすく使えるかで選んだものです。ただ、ヒントがなければ先生もサポートできませんので、先ほどのGive me a second.を使って最低限伝えたい主語と動詞くらいは調べて伝えてあげましょう。

 

 

本日は必要最低限の表現をお伝えしました。まずは、この表現で乗り越えながら普段のルーティンで単語数を増やしていきましょう!

 

授業で使える表現はまたご紹介します。

 

ちなみにDMMオンライン英会話であれば、”これ日本語で何て言うの?”というあなたの質問に24時間以内にプロが英訳してくれますので、↓自分で調べがつかないときには活用してみましょう!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。



日本ではじめるオンライン英会話 先生の選び方と注意点

 



-オンライン英会話 先生を選ぶ注意点-

 

→英会話初心者の方へ勉強の始め方を記事を書いて来ていましたが、まだまだお伝えしたいことはたくさんありますので、今回はカテゴリーに分けず、オンライン英会話の受講の諸注意を記載します。

 

聞き取れなかったこと・意味を知らないことは先生に聞き直す

 

→前回、伝えたい表現が分からないときに質問するための英語の表現”逃げフレーズ”を少しだけ紹介致しました。そしてそのフレーズは予め授業用ノートに記載しておくこともオススメ致しました。

 

私もそうですが、始めたばかりで英語が分からないときにこそ、わかったフリをして愛想笑いをしながら会話を進めてしまうのです。もちろん長い会話の中で一つだけ単語が知らない、とかであれば日本語と同じ様に、意味を想像することで会話は十分に成り立ちます。

 

ただし、英会話を始めたばかりでその癖をつけてしまうと、”先生に質問をする” という姿勢がつかなくなります。いつまでも愛想笑いでわかったフリをすると先生も”おや、わかってるんだな”って勘違いをして、急にレベルが上がった授業になってしまいます。

 

ですので、前回で一部紹介した”逃げフレーズ”を自分の中で増やし、先生に”自分の現状のレベル”を知ってもらう”ことが最初の段階で大切となります。

 

先生を選ぶ・かえるタイミング

 

→これは上記の逃げフレーズの話にもなりますが、初心者から中級までは質問するという姿勢が最も大切となってきますので、その観点で先生を見極めることが必要となります。ポイントは…

 

・隙間時間なく生徒に質問ができる
・生徒が、表現が浮かばないときにいくつも表現を提案してくれる
・授業の最初と終わりはしっかり笑顔で挨拶できる

 

この3つが毎回継続的にできるかなと思う先生を見つけ出しましょう。英会話教室と違い、先生は毎日チェンジできるのです。相手が外国人だからといって妥協することは避けましょう。あなたの成長スピードに関わることです。

 

3つ目に”笑顔”と書きましたが、これはとても大事なことです。プロフィールの自己紹介動画を覗いてから授業の予約を取りましょう。笑顔のない先生は稀にやる気がなかったり、それこそ生徒の質問が下手だったりするので、笑顔で柔らかい先生を見つけることが大事です。そうすれば、あなた自身も先生に質問できる雰囲気を作り出せるでしょう。

 

脱線コラム

オンライン英会話を始められる方のおそらく8割の方は、先生のプロフィールで”日本語を話せる”かを確認しているかもしれません。自己紹介することもできない方は、日本語可の先生をつけることをオススメしますが、それ以上の方であれば最初から英語のみの授業に専念して頂きたいなと私は考えています。

 

その理由は、”少しでも英語脳に近づけるため”

 

日本で英会話における当面のゴールとしては、”自分の考えをスラスラと英語でいうこと”として頑張っている方が多いかと思います。この”すらすら”の意味とは、

頭の中で日本語を英語に訳してから発声するのでなく英語が先に頭の中で浮かんでくる状態のことです。

 

この状態を作るには近道はありません。とにかく、授業で自分の口から英語を出すことです。通勤時間で単語帳を眺めることでも、英語をイヤホンから流しっぱなしにすることでもありません。とにかく英語を自分の口から出すことのみです!

 

私が以前の記事で記載したルーティンとオンライン英会話あわせて45分/1day毎日やり続ければ、早くて4ヶ月で自分の成長に気付くかと思います。ただ、ガッカリしないようにお伝えしますがこの勉強時間だと4ヶ月で自分の考えをスラスラと伝えることは難しいです。ただし、得意なトークなカテゴリーによっては先生と盛り上がることができる様になる目安の期間かなと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!



 

日本にいながらでも英語の発音は練習できます!

英語の発音って日本できれいにできるの?

英会話を勉強し始めの方でも是非、発音の練習にもチャレンジして頂きたいと思います。

 

このテーマの答えは YES です。私も英語の発音は、フィリピンにいるときより日本でのオンライン英会話でより意識するようになり、発音が少し上達しました。→の動画の発音は日本に帰ってきてから治っていったものです。私の発音も完璧ではないので、入門編としてご紹介します。

 

なんで発音を気にしなきゃいけないの?

 

”相手に伝わりやすい英語でコミュニケーションを円滑にするため”です。

 

けど、私自身はそんなこと全く意識していません。私は英語はカッコ良くて洋画の俳優みたいに真似したいものって考えているのでw恐らく、皆様もどうせ勉強するならカッコよく喋れるようになりたいと思う方が多いかなと。

 

”発音は後からでもいいや” と思わず、同時進行でいきましょう。時間のかかる勉強方法は書きませんので!

 

どうやって発音の勉強をすればいいの?

 

→脱線する前に今回は早めに勉強の始め方のテクニックをご紹介します。

 

①単語帳DUOで単語を声に出しながら読み上げる

②オンライン授業で、週に1回発音の教材を選ぶ

③オンライン授業の先生のPR動画を見てスラスラと発音のキレイな先生を選ぶ

③洋楽を聞くことに挑戦し、家で真似して口ずさむ

 

 

私が行ってきたのはこれだけです。意外と単純で拍子抜けですよね。あとは、この過程で具体的に何を意識するかで変わります。ちなみに、皆さんモノマネって得意ですか?モノマネが得意な人は発音が上達するのも早いかも。

 

・・・さて、まず普段の単語の勉強での意識することから説明します。

 

発音記号っていっぱいあるし、読み方わからないよ?

ネットで早見表とか素晴らしいツールはたくさんあることも知っているのですが、私はそれを勉強する気にはなれませんでした。ただ、入門編においては発音記号を全てわからなくても問題ありません。なぜなら、前回お伝えした通りDUOを使うときに発音がわからないときに、読み上げてもらえる万能辞書アプリをダウンロードすればいいのです。

 

そのときにワンポイントとして、単語の下に書いてある発音記号をチラッと見ながら真似して発声してください。このちょっとしたチラ見意識をつければ発音記号を覚えていなくても、自然とわかってくるでしょう。

 

じゃあ、オンライン英会話では何を意識すればいいの?

 

最初に、オンライン授業では用意されている無料のダウンロード教材を使いましょうとお伝えしました。具体的に、まず使って頂きたいのは LRThに特化した教材です。DMM英会話のなかで、カテゴリーの中にございますので、すぐに見つかります。日本人が最も苦手としている発音ですね。私も苦労しました。

 

これは、自分一人では中々が成長が見込めないので教材を使いながら先生の発音真似してください。何度も先生と繰り返してください。その授業中は何度もです。

 

加えて、大事なのは先生選びです。真似することが何よりも大事なので授業を予約する前に先生のPR動画は必ず確認しましょう。そして予約画面では ”今日勉強したいこと”をメッセージボックスにいれて予め先生に伝えることができるので、

I want to learn L•R and TH sounds today.

と一言書いておきましょう。

 

洋楽ってあんまり聞かないけど…?

本当にわかります。取っつきにくいし歌詞わからないからスッと入ってこないですよね。人によっては苦かもれないことは重々承知ですが、これを機にちょっとダウンロードしてみましょう。とてもベタですが、BrunoMarsとかMaroon5とかThe Weekendとか聴き始めるのもいいと思います。

 

そして、何度も言いますように発音は真似して声に出すことから全てが始まります。声に出して 真似する のです。脳で覚えるというより、口の筋肉たちが音を覚えてくれるイメージですね。私は、音楽を聴きながら歩いているときにも通行人にバレないように口を少しだけ動かして、英語の口を作っています。

 

最後にワンポイント

発声するする際に、日本語で話す時よりワントーン声を低くしてみてください。よりネイティブっぽいカッコいい発音になるかと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 


↑ぜひポチッとお力を貸してください!

英会話

 

日本で始める英会話 -お家できる勉強方法-

 

-まず、何を用意すればいいの?-

 

はい、

①単語文法帳(Duo3.0)

②ノート

 

…これだけで、全然足ります。

これは、最初の一ヶ月で使い始めるものです。

あれ、英語って喋って覚えるものじゃないの?

 

思うかもれしれません。 “日本で始める英会話 -お家できる勉強方法-“の続きを読む