オーストラリア ローカルのバイトっていくら稼げるの??  シドニーでのローカルバイトの給与明細 公開!!!

 

お久しぶりです!Jimです。

ここでは、2017年の3月からオーストラリアシドニーで
ワーホリ中の脱サラ純日本団男児が役立つ情報を発信してます。




 

大変ご無沙汰しておりました( ´Д`) 最後の記事からお休み宣言をしてからすでに
8ヶ月ほど経過しております。みなさん、お元気ですか??

 

私は、あと1ヶ月でワーキングホリデービザの有効期限が切れるため、
日本に一度、帰国致します!!

 

この8ヶ月、激動であり、将来への動き方も大きく変わる8ヶ月でした!

 

今日は、この8ヶ月間の様子と共に、

 

これからシドニーでローカルのバイトを探す方へ、
ローカルのバイトは一体いくら稼げるかという大事な大事な

お金💰 のお話もします。

 

Jimはどこで働いていたの??

The City Laneより引用

私が働いていた職場はシドニーに住んでいるなら知らない人はほぼいない人気店!!

その名も 『Frankie’s Pizza』

え?ピザ屋??って日本人の友達に必ず質問されますが、
おいしいピザも食べれるロックンロールバーです♫

開店から閉店まで永遠に爆音でロックンロールが流れていますww

昨年2018年はオーストラリアで’音楽がイケてるバー’ランキング1位をとって
お店を更に賑わせていました。

 

私は、シェアメイトの紹介で一度、トライアルを受けさせてもらいその場で雇用してもらえるチャンスを貰えました!

 

オーストラリアではだれでもトライアルを受けれる寛容さのあるお店が多く、そこでだれよりも足を動かして一生懸命さを見せれば、英語が流暢でなくても働くチャンスをくれることが経験上多いです。

 

ポイントは、

 

❶かならず店のマネージャーに仕事を探していると伝えること
❷日本人であることに自信を持って、トライアルでは積極的に動くこと

 

レジュメなんて凝って書かなくてもいいです。大企業じゃないんだから大して読みません。現地でマネージャーを呼んで、トライアルをさせて下さいって言う勇気を
持つことがローカルジョブを手に入れる最大のカギです。

 

Frankie’sはシドニーにいる間にぜひ足を運んで欲しい、旅行者にはあまり知られていないスポットなので別記事で紹介したいくらいです!

 

バーで何していたの??

次に仕事内容ですが、私は’バーバック’というバーテンダーのサポートをしておりました。バーテンダーはカウンターでお酒を作って、お金を貰います。

バーバックは、それ以外の全ての仕事をバーバックは行います。
フロアの食器類の回収、清掃、整理。グラス、アイス、レモン、ライム、酒類など、バー業務に必要なものの補充などですね!!

バーバックは他に5人ほどいました。

 

このバーバック業務はバーテンダーになるための最初の一歩となります。
もし、あなたにバー業務の経験がない場合、オーストラリアでバーテン業務をするためにはバーバックを業務をすることになるかと思います。だいたい、3,4ヶ月でみんなバーテンダーにステップアップしています。

 

私にもちょうど3ヶ月でバーテンダー転向へのチャンスはありましたが、
この爆音でお客さんから注文を取れる気がせず、バーバックを続けていましたw

 

英語の上達になる??

キッチンスタッフは除き、スタッフはおよそ30名。
私が唯一、英語をネイティブに話さないメンバーでした。

私が今まで自分で勉強してきた英語の表現とネイティブが使う英語の表現がどのくらい違うのかという比較ができました。

 

例えば、彼らが使う単語、構文、挨拶の仕方などはローカルで働いて学ぶ英語の最大の利点かなと思います。
机上での勉強と実践会話とのバランスを取るうってつけ場所でした!!

 

日本語と同じように、使う単語や表現でその人の性格が定義されるんだなぁとも思いましたね!!

 

これからローカルで働く人へ。毎日ローカルのバイト先で働くだけで英語が自然とペラペラになるわけではありませんので、必ず自分で時間を作って英語学習を進めることも忘れないで下さいね!!

 

 

シフトの回数は??

 

実際のシフト例をお見せしましよう!!

 

私の雇用形態はカジュアルタイプ(まあ、日本でいう派遣みたいな感じ)でした。オーストラリアで生活したことのある他のブロガーさんの記事を見ると、

‘カジュアルタイプは、シフトが固定でないため安定性がない’

というものを見たことがあります。

 

しかぁし!!

 

私のシフトは6ヶ月間!!毎週狂いなく!!固定シフトで組んで頂いておりました!!

 

火曜日: 16:00 ~ 4:30 [12.5hours]

土曜日: 17:00 ~ 4:30 [11.5hours]

日曜日: 18:00 ~ 4:30 [10:5hours]

計: 34.5 h 計画

この固定シフトに加え、毎週誰かが休むためそのシフトをカバーしたりして、
毎週40時間ほど働いておりました。

それにしても長〜い1日ですよね…w
これがブログを中断していた理由です( ´Д`)y━・~~

 

 

みなさん、お待ちかね!!給与明細の公開です。

 

日本の学生でバイトをしている人は…この時給にさぞかし驚かれるでしょう…

 

 

*この時給のレートは2019年2月現在です。

 

祝日働いたら、時給$48 です!!(当時のレートだと¥4,000)
それでなくても毎週日曜にシフトを入れてもらえば、時給$34で働けるのです。

 

この写真の例で、税引き前 $924  税引後 $647 差額 $277 (税率30%)

 

30%?! めちゃくちゃ税ひかれてるやん!!!って思いますがワーホリメーカーに対しての税率は15%のため、控除されたうちの残り半分15%はよく年の確定申告時期に政府から返してもらうことができました。

 

カジュアル形態のバイトには、ボーナスや保険、福利厚生などは一切付きませんがワーホリメーカーはどのみち、6ヶ月しか同じ職場では働けません。

 

そのため、わたし個人的にはカジュアルで安定したシフトをもらえる職場を見つけることが貯金したい方への最大のカギとなりそうですね。

 

Jimはいまどこで働いているの?

2018年12月にFrankie’sでの雇用契約期間を終えるころ、ボスから

「ここ終わったらどうするの?? Jimの働きかたはみんなから評判がいいから違うバーでも手伝ってもらっていいかい??」

 

ということで、 別会社のバーの Shady Pines Saloon というカクテルバーで現在もバーバックとしてお店を手伝っています。賃金の条件は変わらず。

 

 

オーストラリアでのバイトは掛け持ちすべし

まあ、オーストラリアに関わらず、念のために仕事やコネクションは複数持つべきです。周りでも雇用条件が変わったり、店が閉店してお金が稼げなくなった、なんて話はよく聞きます。

 

私の場合は、オーストラリア到着してからすぐについたジャパレスを今でもキープしております。バーのシフトが入っていないときにフレキシブルにシフトを入れることができるので、貴重な保険となっています。もう計1年半は働いていますww

 

そしてこれだけ長くいると、働き始め当初$14の給料も今では$17.5
悪くないですよね??バーの給料と合わせるといくらになるでしょう??

 

週に$1,200!!!(¥9,8000)

 

これだけ稼げるならジャパレスとの掛け持ちも文句いえないですよね( ´Д`)y━・~~ジャパレスじゃなくてもいいです、仕事は掛け持ちすることを強くお勧めします。

 

さて、今回はカジュアルタイプでの給与体系を紹介させていただきました。

 

 

Frankie’s pizza by the slice

住所:  50 Hunter St, Sydney NSW 2000
時間:

木曜日 16時00分~3時00分
金曜日 12時00分~3時00分
土曜日 16時00分~3時00分
日曜日 16時00分~5時00分
月曜日 16時00分~3時00分
火曜日 16時00分~3時00分
水曜日 16時00分~3時00分

 



ここまで読んで頂きありがとうございました。

シドニーの休日 Gojimaバーガー 動画あり




 

オージーにバカウケ?! Gojimaバーガー

いやー、久々の投稿になってしまいました(_ _).。o○
最近バーでの仕事が始まってから言うもののすっかり昼夜逆転の生活になってしまいましたよ。学生以来でなかなかタフですね!!

 

さて、先日はルームメイトと休みが被ったので、ランチ+映画館という休日らしい休日を過ごしておりました。最近日本でも公開されて話題になっていたDead Pool2です。インターンシップが終わったときにCEOから頂いた映画ディスカウント券を使いました^^ 映画館の様子なんかも動画におさめてますので、ぜひ見てください!! 売店なんかが海外っぽい感じで可愛いんですよw

 

さて、今回はちょっとローカルな情報発信になるのですが、シドニーにあるGojimaバーガーっていう日本食と融合したハンバーガーについてご紹介。このGojimaバーガーで簡単にいうと、パンがライスになってるだけなんですよ!!

 

ライスバーガーって日本では10年以上前からあった商品ですよね。それが今になって海外に出てきて人を驚かしているところが面白いなっていうのが一番のポイントだと思うんですよ!!

 

このGojimaバーガーを知ったきっかけはバイト先のバーです。仕事終わりみんなでダラダラとビールを飲んでいると一人が”Gojimaバーガーって知ってる??もうびっくりしたね!!”と話題となってその日は私のルームメイトと同じシフトの日だったため、二人で休みの日に食べに行こうということになったのです^^

メニューはこちらから確認できます。
バーガー+ポテト+ドリンクで$20くらいしますね。でもめちゃくちゃ美味しいです、お肉がめちゃくちゃジューシー、そしてポテトが海苔塩なんです♪

 

まあ、さっきも書いたのですが日本の文化って食も含めてやっぱり海外から受けが本当にいいんですよ。アフィリエイトにしても、英語でページで作ることができればまた可能性も広がりそうな予感( ´∀`

 

それではシドニーの休日をお楽しみください^^





オーストラリアでローカルジョブを見つける方法 シドニー就活動画あり




オーストラリアでローカルジョブを手に入れる方法とは?

今日は、ワーホリを考えている方、ワーホリをしている方にオーストラリアでローカルジョブを手に入れる方法をJimの実体験から情報発信しますd( ̄  ̄)どんな仕事に就けるのか、どうやって仕事を見つけるか、どの媒体を使って仕事を見つけるか、どのくらい英語力・が必要か 気になりますよね??

 

先日、Twitterで先に公表したのですが、ようやく私もローカルジョブで働き始めました!! シドニーのど真ん中にあるロックンロールバーでフロアスタッフとしてバーテンダーのお手伝い等々、雑用をしておりますww

 

実は、他に日系企業にも申し込みをしていて二時面接まで進んでおりました。そしてローカルのレストランではトライアル(試用)まで進んでおりました。それぞれどうやって面接まで行き着いたかという方法も後半でお伝えします。

 

では、ワーホリをしている日本人がオーストラリアに来て見つけやすい仕事の代表例から説明していきましょうか!!やっぱり、年齢関係なく就職しやすい職種はカフェ・レストラン・バーなどのホスピタリティー産業と工事現場のコンストラクション産業です。ホスピタリティーは、学生さんでも日本にいるうちに経験を積んでいる方が多いと思います。経験があることはオーストラリアでローカルジョブを見つける際に最大のメリットとなります。レジュメ・カバーレターを作る際にはその経験をゴリゴリ押して書きましょう。英語でのレジュメの書き方はこの記事を参考にしてください。

また、ローカル企業のオフィスで働くこともできますが、日本人として働くにはネイティブに近い英語力となにか専門的で深いスキルが必要です。もしプログラミングやウェブデザインをできる方ならローカル企業でも就職率はグンと上がります!!

 

私はデータエントリーの仕事をメインに50近くの仕事をオンラインで申し込みましたが、一社も通ることはなかったです(_ _).。o○ また、長期雇用を求める会社が多いため、ワーホリビザでは難しいですね。なぜならワーホリビザの労働条件の一つに、同一雇用主の元では最長6ヶ月までしか労働ができないというルールがあるからです。

 

カフェ・バー・レストランでの仕事探し

ここでは、ホスピタリティ産業に焦点を当てて仕事の就き方を紹介します!!

 

オーストラリアのカフェで働きたい場合はバリスタの経験が間違いなく問われます。マシンの使い方やラテアートができる人は英語力が低くくてもローカルジョブを手に入れやすいかと思います。私がシドニーの英語学校で出会った日本人の女の子は、TOEIC400点くらいの英語力でもシドニーのスターバックスでバリスタとして働いていましたよ♪  いかに経験が大事がわかりますよね。

 

ローカルのバー・レストランで働きたい場合は経験+英語力が必要となります。経験は大体の場所で1~2年を問われます。英語力で言うと、おそらくTOEICで700点取れるくらいは必要になるかなと思います。仮に入社できてもスタッフからの指示が全く理解できない状態になりますしねd( ̄  ̄)

 

あと、お酒を提供しているレストランならRSAと呼ばれるお酒を取り扱う店のスタッフ全員が保持しなければならない資格が必要なことも忘れずに。$100ちょっとで1日で取得できますので。

では、私が実際にどうやってローカルレストランでのトライアルシフトまで行き着いたか??フローはこんな感じです↓

 

使う求人サイトは
Gumtree Indeed Seek Barcats

それぞれ使い方は同じです。探したい地域を設定し、フリーワード欄にバリスタになりたい人はBarista レストランならKitchen/waiter バーなら Bartender/Bar Staffと入力し、検索結果を上から順に読み込みます!!

 

ダラダラ英語で説明が書いてますが、店が応募者に求める資格と経験・雇用形態だけチェックしましょう。画像上で青くマークしているところが Essential requirements for candidates, Experience, Job Typeです。必要な資格・経験・雇用形態のことです。

 

次に、自分が働きたいお店のリストを最低でも20は作りましょう。オンラインで応募しても返信は滅多にこず、時間の無駄になることが多いのでリスト作りだけで十分です。お店のリストを作るときには、お店の開店時間・閉店時間をグーグルで調べてメモとして残しましょう。

 

あとは、気持ちを作ってリストにあるお店をひたすら訪問してレジュメを配るのみです!!٩( ‘ω’ )وランチの時間に行くのであれば、閉店時間の間際に訪問。ディナーであれば開店の30分前くらいに足を運ぶといいでしょう。そしてこれが、オーストラリアの職探しで一番大事なのですが、必ず!!!マネージャーと話しをすることです。スタッフにレジュメを渡してもなんの意味もありません。せっかく作ったレジュメやリストも無駄な努力になってしまいます。

 

じゃ、どうやってマネージャーを呼び出すか。スタッフに”Hi, I’ve been looking for a job. Could I talk to the manager, please?”だけでいいです。これならすぐ言えますよ♪ あとは、マネージャーさんとお話しして、ポジションがあればその場でトライアルシフトを入れてくれると思います。

 

がむしゃらにお店にレジュメを配るより、求人募集を出しているお店を狙って訪問するがもちろん確率が上がることは明白ですよね!! そして私もそうやってその場でシフトをいれてもらいました!!

 

では、最後に就活の様子とシドニーの街並みを短い動画でお楽しみください♪




シドニー シェアハウス生活の一日 俳優志望Adiとの台本読み




英語で台本読みの練習

 

最近、Adiとのビデオばかり続いてますよね。そうなんです、平日のお昼は我々2人しか家にいないからですww みんなちゃんと働いてますよ、私たち二人がおうちを警備している間。

 

日、ルームメイトのAdiに台本読みと暗記を手伝って欲しいと言われたので、今回はその様子を動画にしてみようと思いました!!

 

Adiが通う俳優学校では、毎週水曜日に生徒同士のリハーサルが行われているようで、台本の暗記をしなくてはなりません。そこで、私がいつも家で練習相手になることが多いのです。まあ、動画を撮ってしまえば自分の発音の修正もできる + シドニー生活の紹介にもなるから撮っちゃおうって感じですねd( ̄  ̄)

 

正直自分の声を聞くのは恥ずかしいので、ずっと避けてきました。ただ、私の声って通らないため、相手に伝わりやすくするためにも発音はかなり気にしながら英語を喋ります。単語を調べるときも発音記号まで見て覚えるようにしたりと。発音記号は絶対に読めるようになった方がいいと思いますよ^^

 

今回の動画の途中で”宝石”という意味の単語”jewelry “が正しく発音できずAdiに笑われるシーンがありますwww  自分では言えてるつもりでも発音ができていない単語ってまだまだあると思うので、録音して自分の声を聞く機会をもっと増やそうかなと思いました。あと自分の映像を見て気づいたのは、口が全然開いていないことですね。直さないと。

 

それでは、練習風景をお楽しみください。




TTHプロジェクト #Day 16




Trip To Hollywood 第6弾動画発表!!

シドニーはすっかり秋に入り、朝は寒さで起きる毎日です。なんせ、部屋の窓枠が壊れてますからね…

 

シェアメイトAdiとの共同プロジェクト”Trip To Hollywood” の新しいビデオができました!!今回も日本語字幕付きです^^今回動画の中で、Adiがロックスターについて語っていますが、このロックスターは”大きな夢“を表しています。全体的に彼が言いたいことは、”大きな夢を叶えるには地道で小さな努力を積み重ねて、苦労を喜んで受け入れることが必要”っていうことでした。

 

私も彼の意見には大賛成です。我々20代は、少し血を見るぐらいがちょうど良いかなと思っていますしね。できることなら自分自身をストレスの渦に突っ込んででも足掻く必要があると思うんですよね、少しでも上に行きたいと思う人にとっては。

 

ちょっと話が変わって、最近のAdiですが演劇の公演で役をもらったようで、なんと時給50ドルでステージに立つようです!! 50ドルって日本円でいうと4,100円!!公演は約2週間になるそうです!さあて、終わった頃にはいくらになるんでしょう、なにか美味しいものご馳走してくれないかなぁ( ´∀`) www 彼にとっては、最高の条件ですよね、給料をもらいながら演技ができるのですから!!

 

当のJimはというと、まだまだシドニーでバイト探し中です。シドニーでローカルの仕事を見つけるのは本っ当に難しい…今日はバイト前にレジュメとカバーレターを印刷をしたので、明日近所のレストラン・カフェに配り歩こうかなと思ってます!! さすがに焦ってきました!!学費が貯まらない!!

 

バイト探しの様子もビデオで撮っちゃおうかなぁ、なんて考えてますww

 

それではTrip To Hollywoodの動画でリスニングを鍛えましょう!!!

 




シドニー生活の1日 AdiがIELTSの英語リスニングテストに挑戦!! いざ、勝負!! 字幕つき動画あり




俳優志望の彼はアイエルツで何点取れる??

今日は、Adiも私も時間が取れたのでAdiが前々からやってみたかったというIELTSのリスニングに挑戦しました!!

 

ちなみにAdiは英語が公用語の国出身ではないですが、義務教育の段階で英語での授業が行われていたようなので、純ネイティブくらいで思っておきましょうか^^
映画を見るときには、細かい冠詞や前置詞も完璧に聞き取ります。

 

いやー、今回初めて私も動画の前で喋るんですけどカメラ慣れって時間がかかりそうですね( ´Д`)y━・~~ どこを見ていいかわからない。しかも今回、何を話すかさえ決めていないため締めの部分がグダグダですよ、勘弁して下さいww しかも2台使って撮るはずが一台電源OFFになってましたね…

 

私がわざわざ大したことのない英語を動画でさらしているのは、ワーホリに来て一年で伸ばせる英語力ってのをちゃんと見て欲しいからなんですよね!かなり多くの人が一年も海外に行けばペラペラになる勘違い思ってるんですよ。なので、留学ではなく、ワーホリとしてこれから海外に行く場合は、動画で話しているJimくらいになるのかなーって感じで思ってくれるといいです。

 

さて、簡単にテストの説明すると、IELTSのリスニングですが40問を30分で回答します。会話文は一度しか説明されず、録音されているのはすべてイギリス英語となります。ぼーっとしていると一瞬で答えを聴き逃しますよ。TOEICともっとも違うポイントは、回答は選択式だけではなく穴埋め問題もあること。つまり、スペルミスやthe,a,anなどの冠詞抜けも得点になりません。

 

ただ今回、彼には解き方のコツを教えたり、練習等も一切なしで解いてもらっているので、細かいところは気にしないようにしてもらっています。

 

さて、では彼がどれだけスコアを取れたか見てみましょう♩

最後のTrip To  Hollywood の応援企画のイラストみなさん見てくれました??

 

このイラストは私が大学時代同じ軽音サークルだった後輩の子にお願いして描いてもらったイラストなんです!! 某音楽事業にも目をつけられるほどの凄腕ボーカルなんです。趣味のイラストも超絶なのでついつい頼ってしまいました( ´∀`)

 

そんな彼女も地元札幌で”monophobia”という名前でバンド活動をやっているので、ツイッターでフォローしてあげて欲しいなとおもいます! 札幌にいる方はぜひライブに足を運んでくださいね!英語の発音が私より綺麗wwwツイッター上で楽曲配信もしてますので、一度聞いてください^^





TTHプロジェクト #Day 12

Trip To Hollywood 第5弾動画発表!!

シェアメイトAdiとの共同プロジェクト”Trip To Hollywood” の新しいビデオができました!!今回も日本語字幕付きです^^

今回のAdiもめちゃくちゃ喋り通していて、元は3分の動画を1分に縮めたので
内容がとっても分かりづらいです( ・∇・)ww 付け足す作業って簡単なのに減らす作業ってどんなことでも難しいですよね!

 

分かりづらいで言えば、動画の最後でmultilayersの話を始めたときは、もう理解することをやめたJimでした。撮影後、Adiは”That’s literally multi + layer.→文字通りマルチなレイヤー(層)だよ”って説明してくれましたが、
意味わからないので詳しく聞いてみると、役を演じる際にそのキャラクターの心理の何層も奥の感情を同時に表現することのようです。

 

シンプルな二層表現の例えだと、同僚の自慢話しを聞いて、”へー、すごいね”って相槌を打つとします。
でも、その時の心のうちは”興味ないんですけど”って思っている状態をうまく演技で表現するみたいな感じです。

そして彼が動画の中でもっと勉強したいと訴えているのは、このシーンにさらに複雑なシチュエーションをいくつも加えたものを表現できる力。ということでした。

 

なんで私が解説しているのでしょう??_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

今後のインタビュー動画ではゆっくり喋るように彼は決めたようなので
良いリスニング教材になってくれることを期待します♩ (上からww)

 

さ、今こうして記事を書いている間にも新しい動画を撮り終わったようなので
また編集作業に入ります( ・∇・)
最近はカメラのセッティングを覚えてくれて一人で勝手に撮り始めてくれるので
助かります^^




TTHプロジェクト #Day 8

Trip To Hollywood 第4弾動画発表!!

現在オーストラリアで生活しているJimのシェアメイトAdiとの共同プロジェクト”Trip To Hollywood” の新しいビデオができました!!日本語字幕付きです^^

これなんでいつも1分で収めているかというと
私たちの活動はInstagramをメインにやっているからなんですよ♩

彼めちゃくちゃお喋りなんで1分に集約するの本当に大変ですww

 

A post shared by Trip To Hollywood Project (@trip_to_hollywood) on

写真は毎日かならず編集してアップし、動画は3日おきに更新しています。

 

これは二人の趣味のためだけにやっているのと、将来Adiがキャリアを積んで
世界で活躍し始めとき、ふと見返せる良い日記帳になるかなと思ってやってます^^

そして我々のこの趣味活動を通じてAdiは人の心を動かしたいみたいです。

 

 

さて今回の動画の後半では彼の本気の演技が収録されてます。映画のワンシーンみたいでカッコいいですよ!

 

お金が貯まったらマイクを買おうかなと思ってます。まだ、音質が悪いですが
そのうちきっとよくなりますよd( ̄  ̄)w

 




TTHプロジェクト #Day 4

Trip To Hollywood 第3弾動画発表!!

今日は昨日に引き続きAdiとの共同企画動画の発表です!!

なんでも彼の滑舌についてお話ししたいそうですよ??(他人事ww)

 

その前に。

このブログサイトのバックグラウンドカラー変更しました!
今までずっと黒を背景色として使って来たんですよ。ユーザーが読み辛いことは
承知した上で使い続けていました。
何かカッコいいかなって思ってただけなんですよ( ´Д`)y━・~~

 

ただ、サイトの細かいデザインを大きく変更するにあたって限界が見えてしまったので、躊躇なく変えましたww(プライドなっ!!)

 

また、最近私がオーストラリアに来た際に利用させて頂いた代理店、
“ワールドアベニュー” から電話でのインタビューを受け、この一年での成果や
これから留学やワーホリを考えている人へのアドバイスを記事にして頂きました。

 

そしてなんと私のブログサイトを紹介して頂くことに!!交渉してよかった!!

 

ただ、その記事には
私の顔も出さなきゃいけないのが条件なんですね。
なので当ブログも”もう顔出していいや”ってなってプロフィールも変更してますw

 

実際動画の編集とかも自分が写ってたり喋ったりしているところをカットするのも
面倒だったりするので…

 

まあ、動画や写真にJimが写っても変わらず記事読んでくださいねww

 

さて、今回の動画も日本語字幕つけましたし1分の動画なので
さくっとお楽しみください♩

編集が終わっている動画は溜まっているので、どんどんUpします!!
お楽しみに( ´∀`)




TTHプロジェクト #Day2

Trip To Hollywood Project 第2弾!

本日は編集が終わったTrip To Hollywood Projectの
動画第2弾を公開します!!

 

前回あげた動画は全編英語の字幕で、その後日本語字幕の希望が多くあったため
TTHアカウントとは別に、この記事用に日本語字幕つけておりますので
ぜひお楽しみください♪

 

今回は、Adiが通うシドニーの俳優養成学校の中を少し公開しております!!

未だ撮影されたことがなかった、シアターの舞台セットも
動画でアップされてますので、ぜひチェックしてほしいですd( ̄  ̄)

 

また動画の最後には彼の演技がちょびっと撮影されてます。

 

さて、最近のAdiくんですが
このプロジェクトが始まってからどんどんストイックになってますね。

最近は本も読み始めて内面からも変わろうとしていてカッコいいやつだなあと
思います( ´∀`)