Jimの授業備忘録 skull~

1+

 

こんにちは!Jimです。

ここでは、2017年の3月からオーストラリアシドニーで
ワーホリ中の脱サラダメ青年Jimついてお話ししております。




授業備忘録

 

授業備忘録

 

  • skull  →一気に飲む(オーストラリアのスラング)

(スカル)

バーによく行く方は覚えていいかもしれませんね。

アメリカ人にも伝わることが多いみたいです。

e.g.)”skull !,skull ! ,skull !”

”一気!一気!一気!”

e.g.)Skull your drink!

一気に飲んじゃえよ!

 

  • ~than I realized .  →思ったより〜。

(ザン アイ リアライズド)

e.g.)Oh,I’m stronger than I realized.

あら、思ったより私強いのね。

 

  • shave your(my) head.  →頭を刈る。

(シェイブ ヨア ヘッド)

 

ツーブロックなどをいれる時は、

×shave my hair.

○shave my head

 

e.g)I shaved my head yesterday.

→自分自信で刈り込んだというニュアンスで伝わることが多い。

e.g)I get my head shaved.

→美容室とかで誰か他の人にやってもらったというニュアンス。

 

  • mark    →汚れ
  • stain  →汚れ

(マーク・ステイン)

 

辞書によってはどちらも”汚れ”だけ書かれていて

違いがわからないものもありますが、

 

例えば、食事中ミートソーススパゲティが跳ねてしまった。

服についた時点では、”mark”です。

そしてそれを帰ってから洗ったけど、シミになるほどのよごれと

なったら“stain”になります。

 

  • stuffy   →空気がこもった、換気の悪い

(スタッフィー)

 

例えば、会議室とかで教室で大人数でこもっていると

何時間も閉じこもっていると、換気が悪くてなんだか

空気が淀みますよね。

 

e.g)This classroom is kind of stuffy…

→この教室ちょっとモワッとするねえ。

 

  • overweight  →太っている

(オーバーウェイト)

太っていると聞くと、”fat”がまず頭に思い浮かぶと思います。

ただ、fatは差別的な意味もあるのでよほどカジュアルな

会話でない時はoverweightを使いましょう。

 

  • manner    →方法
  • manners     →礼儀、マナー

(マナー)

みなさんご存知のマナー。

ただし、上記のように単数、複数とで意味が全く変わります。

複数形のmannersが日本でよく使われる”マナー”の意味に

なるのでご注意を。

 

e.g)It’s bad manners to point at someone.

→誰かを指を刺すのはマナーが悪い。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。



1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA