ゲイパレードとルームシェア

0

 

こんにちは!Jimです。

ここでは、2017年の3月からオーストラリアシドニーに
きた脱サラダメ青年Jimの奮闘記についてお話ししております。




 

3/4 お世話になるルームシェアのお家に到着したのですが、

なんとこの日から世界的に有名な”ゲイパレード”が近所で行われて

いたのです。

 

MARDI GRAS

 

この祭典が行われいる最大の目的は、”性差別だけでなく社会的な

差別をなくしていきましょうよ”ということをパレードを通して

伝えています。

移民の国とも言われているオーストラリアならではの寛容性そのものが

見えるパレードでした。

 

パレードで歩いている方々は笑顔で賑やかなのですが、

彼らが手に持つボードには、社会的メッセージが強く記されています。

 

もうこの光景がなんだか不思議な世界でした。

 

写真を撮ることを忘れてしまったので、短い動画だけになって

しまいました。音楽でごまかしておりますのでご了承ください…

 

 

ルームシェア

 

話は大きく変わりましてw

以前の記事 “日本にいるうちからシドニーでの家を探す方法“で紹介し、

日本にいるうちから決めたルームシェアですが、

 

結論快適です!

 

まずは、お部屋の様子をご案内。

 

リビングとは別に寝室があるのですが、2つの寝室に各4台の2段ベッド

あります。このスタイルは、街中であれば最もスタンダードな住み方の

ようです。

 

現在私が住んでいるのは、州で最も街中に位置しており、

駅からも歩いて5分の9Fマンションです。

週の家賃は150ドル≒¥13,000

街中だと平均¥200ドルと言われているため、比較的安い物件です。

 

この家賃には、水道・光熱費・そして高速なWiFiも含まれているため

とても良心的な価格だと思っています。

なにより、Youtubeが固まらずに見れることに幸せを感じて

おります。

 

ルームメイトは日本人2人、ネパール人2人、韓国人2人、中国人1人。

それぞれ朝や夜から働いたり、学校に行ったり旅に出ていたりと

ライフスタイルが全く違うため、部屋はそれほど広くないですが

快適に過ごすことができています。

 

家を出るとすぐ通りが見え、スーパーやダイソー、酒屋、ファッション、

銀行等全てが揃っており、利便性がとんでもないことになっております。

 

とりあえず、オーナーさん(タイ人)とは1ヶ月の契約をしておりますので、

また風景や通学路など動画であげようと思っています。

 

それでは、まだまだ付け足したいことはありますが

残金が3万円しかないため、早急にアルバイトを探して食いつなぎます。

 

今後、昨日取得した”RSA”と呼ばれる、シドニーでお酒を扱うための資格に

ついても書いて行きたいと思います。



0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA