フィリピン留学 バギオシティでのアクテビティの楽しみ方

0

 

こんにちは!Jimです。

ここでは、2017年の3月にオーストラリアシドニーに
出発するまでの脱サラダメ青年Jimついてお話ししております。




 

バギオでのアクテビティの楽しみ方

 

前章では、”短期集中で勉強だ!”なんて散々言っておりましたが

もちろんアクテビィも紹介します。

 

他の生徒と比べると外出が少ないJimでしたが、それでも写真等も

残っていますので、旅行記だと思って気軽に読み進めてくださいませ。

 

学校付近の楽しみ方

→寮からの眺め

バギオの天候は札幌と似ており、本当に快適でした。

 

ダウンタウンでの過ごし方

 

町まではタクシーで片道200円10分ほで到着します。

基本的に放課後や土日に外出をするとなればこのダウンタウンで

時間を過します。

 

ショッピングモール・カフェ・レストラン・バー・クラブ

遊べるところがすべて詰まっています。

 

ちなみにこのダウンタウンでは、夜に露店のナイトマーケットという

青空市場のようなものが毎日あります。

ここで、アウターを安く購入して今後のアクティビティの準備

するといいと思います。なので、日本から持ってくる必要はありません。

 

→Jimが好きなアメリカンな感じのDinerもあります。

 

→バーは基本的にダイニングバーみたいな感じです。

いまバケツに入っている分で、200円程度です。

 

→プールバーで飲みながらビリヤードもできます。

これは先生と真昼間から飲みながら打っている写真です。

 

→ダウンタウンも少し外れるとこんな感じです。

 

 

初日の出はここで決まり?

 

→学校から見える景色に通称:Mt.Mickeyと呼ばれる山が

あります。山頂にパラボラアンテナがありその見た目が

ミッキーの耳のように見えるため名付けられた山です。

 

→深夜0時に寮の住宅街入り口で待ち合わせ、

テコテコ山を登り始めます。もともと標高が高いため、

中間地点でこの景色です。

 

→ちなみに頂上までの道は舗装されているため、軽装備で

大丈夫です。

 

→頂上に着く頃、空が明るんできました。

 

→来ました、初の日の出 in バギオ

 

→もう写真では伝えられない絶景でございました。

 

こんな感じで、学校のすぐ隣で山登りもできます。

 

 

外での楽しみ方

 

次は、街からも少し離れた場所での過ごし方です。

 

イベント事は先生宅で

 

→クリスマスやハロウィンなどのイベントは是非、先生方と

過ごしましょう。ホームパーティーにも気軽に呼んで頂けます。

 

 

この日は、日本人・中国人・韓国人・フィリピン人という

まあまあミックスな国籍で集まり、料理・会話・ゲームを

楽しみました。

 

遠出ならサガダで決まり

 

→バギオの街からバスで6時間(運賃400円)、”サガダ”と呼ばれる

自然豊かな地形に囲まれた小さな村があります。

 

実は、このサガダからもう少しバスを走らせると世界遺産の棚田が

あるのですが(ごめんさい、写真ないです)、そこに向かう途中の

宿泊地点とされています。

 

しかし、このサガダにこそアクティビティや歴史が詰まっている

穴場なのです!

 

①ハンギング・コフィン

→この写真に写っているぶら下がっているもの、

棺桶なのです。直訳そのまま、”ぶら下がっている棺桶”です。

これは、この地方のイゴロット族と呼ばれる少数民族の

風習です。どうやら、死者を獣から守ったり、天国へなるべく

近づけることが目的だったそうです。

 

 

②ロッククライミング

→村から歩いてすぐのところで、ロッククライミングができる

ポイントがあります。かなり、本格的なクライミングが体験できます。

私は途中で足がプルプル震え始めました。

 

③ケービング

→村から歩いて15分ほどで洞窟内探検も味わうことが

できます。中は、鍾乳洞もあり足元が滑るポイントもあるため、

ガイドが付いてくれて奥深くまで探検ができます。

 

一番奥までたどり着くと、小さな池のようなところに辿りつき、

泳ぐこともできるのです。一回1000円ほどです。

 

④レモンケーキとヨーグルトハウス

→レモンケーキ

しっかり遊んだら村に戻って、グルメを楽しみましょう。

小さい村ですが、宿泊施設やレストラン、土産屋など

観光者向けの建物もあります。

 

そして朝は”ヨーグルトハウス”で朝食をとりましょう。

日本人の舌にも合う、とっても美味しいヨーグルトが

有名です。私は、ヨーグルトクレープを頂きました。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

ぜひ、勉強も旅行も楽しみましょう!

 

ここまででフィリピン留学のスターターセットをまとめ

させて頂きました。どうか役に立って頂けることを願います。

 

では、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 



ブロトピ:ブログ更新しました

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA