会社でのJim-1-

0

 

こんにちは!Jimです。

ここでは、2017年の3月にオーストラリアシドニーに
出発するまでの脱サラダメ青年Jimついてお話ししております。

ここまで、フィリピン留学とそこでの勉強方法をちょこっと

交えながら、私の経歴についてお話ししております!

 

-Jimは仕事なにしていたの?-

はい、過去の記事でもお話していますが、私は就活中

とりあえず海外赴任できそうな企業を探して就職しました。

私が入った企業は、家具を扱っている某企業でして、

現在海外進出を急速に進めている企業でした。

普段は、店頭で販売として立ったり、裏でパートさんの

作業管理や数値管理、クレーム対応等全般行っておりました。

就職するときには、”とりあえず1回海外のオフィスで

働いてみたい”という気持ちがかなり強くなっていて、

もしこの企業で働いて海外への将来性が全く見えなければ

退職して、別の道を探そうと思っていました。

仕事に関しては、手は一切抜かず、たまに泣きながらも

必死に覚えていましたww 仕事に関しては、上司にも恵まれ

評価を頂くことができたので、とてもやりがいがあり、

ない頭をフルに回転させる状況だったので、とっても

充実した時間でした。

 

ただ、ふと一人で家にいるときによく考えるのは、

いつ海外に行けるのか?ということばかり。

このまま20代が過ぎてしまっていいのだろうか?

という焦りばかり感じていました。

 

きっと今記事を読んでくださっている皆さんも

学生だろうが社会人であろうがこんな不安は

一度は持ったことがあるかなとは思います。

 

-なんで会社を続けて海外を目指さなかったの?-

確かに、この会社で早くても6、7年しっかり評価を

とり続ければ海外勤務も有りえるよ!という話はあった

のですが、就職においても人生においても巻き返しのきく

この20代ということにこだわり、退職に至りました。

実は、小さい頃から母にずっと言われていた洗脳にも

言葉がありましてwww

 

それは”人生は一度きり、やりたいことをやってみろ”

 

この言葉を自分にしっかり落としてこんで、本当に

理解している人ってまだまだ少ないと思うんです。

私の年齢の一回り以上の方と食事等でお話しさせて頂くときも

”あのときアレやっとけばよかった”、”若いっていいよな”

とかっていう方本当に多いんです。日本に住んでいると

見えてこないんですけど、本当に私たちは固定概念の

世界に生きてるんだなと思うんです。

 

高校→大学→就職→結婚

この流れって本当に頭の中で染み付いている考え方だと

思いませんか?

就職しなきゃ、とか大学いかなきゃ、とか

しなきゃが有るからこそ

その道を外す、もしくは何かを捨てるような

感覚になって挑戦って怖くなると思うんです。

もちろん勘違いしてはならないのは、家族など

自分だけの範囲におさまらないものがある限り、

本当にその挑戦をしていいのかはしっかり計画を持って

考える必要があるかと思います。

あくまでこの記事は、学生であったり、まだ自分の

新しい家族を持っていない社会人の方に発信している

内容ではあるので、そこはよろしくお願いしますw

 

短い文章の中で私が思うことを凝縮させてしまった

ので、もしかしたら間違って伝わっていることも

あるかもしれません。ずっと書いてきていますが、

私は本当にスキルも中身も全く詰まっていない人間です。

それでも一度きりの人生、まずは自分自身がとことん楽しむ

ためにも、固定概念なんて一度捨ててやりたいことに

向かい合っていきましょうよってお話がしたかった

だけでした!

 

もし、夢や目標がなくて困っている方がいらしたら、

一回リセットしてやりたいことと向かい合ってみるかって

なってみても、それは絶対に間違いではないと思いますよ!

仮に20代でその結果が出せなくても、その後30代の

仕事でカバーできる時間はたっぷりあります。

 

そして、おじさんおばさんになったときに、

まあやりたいことをやったし良いか!って今後嫌いな仕事で

食べていくことになっても踏ん切りがつくかもしれませんしね^^

まずは、動いてみないと後悔するかもねってお話でした。

 

“なんも出来ないJimにそんなこと言われても”と思って頂いても

仕方はありませんが、生き方に正解はないですから

それならやりたいこと一緒にやってみましょう!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 


↑ぜひポチッとお力を貸してください!

英会話

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA