海外送金 手数料最安?! TransferWiseで海外送金してみた!!

 




 

ワーホリ・留学者にオススメ Transfer Wise

 

 

みなさん、海外と日本間で海外送金をしたいときってどうしてますか??

 

例えば、”最近、バイトのシフトを減らされて、生活が大変になってきた (p_-)”

”そういえば、日本で借りている奨学金の今月分が口座に入ってない !!”

”オカンに仕送りしてあげるか!!”などなど

 

 

現地の銀行から送金するとなると少なくとも¥2,000~¥4,000くらい一回の取引に手数料がかかってしまいますよね…日本の銀行から送金する場合も同じですね。

 

 

送金手数料が安ければ、もっと気軽に送金できるのに( ´ ▽ ` )って思ったことありませんか??

 

 

私は、現在シドニーで生活をしていますが、日本で卒業した大学から借りた奨学金を毎月返済しなければいけません…

 

仮に口座にお金が入っておらずなんてことになると大変なことになるのは想像できます…奨学金の督促が一番怖いですからね..

 

 

1回の取引の手数料が高いということは、一度に送金する金額を少しでも増やしておかないと後々をしてしまいすよね??

 

数万円送るためだけに手数料大きく取られるなんて許すまじ( ´Д`)y━

 

 

そこで私がリサーチしているときに出会ったのが今最も注目を集めている送金サービス会社

 

その名もTransferWise!!!!!

 

今回は、このTransferがどうして人気急上昇をしているかを一緒に学びましょう!今後間違いなく伸び続けるサービスだと思います。

 

ページの最後には送金を考えている皆さんがお得になるプロモーションも用意しております、お楽しみに( ´ ▽ ` )

 

会社情報

 

2011年にイギリスで立ち上がった企業で、日本ではなんと2016年に正式にサービスを開始したばかりなのです。ああああああああTransferWiseは世界中で100万人以上に利用されており、毎月8億ポンドもの取引がされており、安心して送金をすることができます。

 

 

安くなるシステム

 

どうやってTrasferWiseが手数料を安くするシステムを構築したのか気になりますよね。

通常、海外送金をする場合、日本の銀行から海外の銀行に送金を行うため手数料が大きく負担となってしまいます。

 

TransferWiseの場合、例えて言うならば、日本の中で$(ドル)を求めている人と¥(円)を求めている人をマッチングさせて国内で送金取引を完了させるため手数料を抑えることができるのです!!!国外にても同じ取引がされています。

 

簡単にいうと、違う国同士で銀行の取引が行われないため手数料が安い!!というシステムです♪これはベストアイディア賞ですよねd( ̄  ̄)ありそうでなかったやつです、まさしく。

 

 

TransferWiseの実際の手数料

 

結局、みなさんが気になるのは銀行から国際送金するのといくら違うというところだと思います。では、日本の銀行からオーストラリア(ANZ銀行)に送金する場合の手数料を比較してみましょう!!( ・∇・)

 

銀行手数料比較

国内銀行 手数料
ゆうちょ銀行 ¥2000(¥2500 窓口の場合)
三菱東京UFJ 送金金額の1/20%(最低¥2,500)
新生銀行 ¥2,000+送金額0.1%(最低¥1,500)
みずほ銀行 ¥5,500
地方銀行(北洋) ¥4,000

 

うん、メガバンクでも地方銀行でも送金手数料はバカにならない…

 

 

 

では、TransferWiseの手数料を見てみましょう!

日本→オーストラリアへの海外送金手数料

 

TransferWiseで¥50,000以下の送金を行う場合

一律 ¥400のみ!!

※1.$1からの送金が可能※2.USD/EURGBP/CAD/AUD/NZD/SEK/DKK/SGD/PLN/GELの場合

 

 

TransferWiseで¥50,000以上の送金を行う場合

0.8%の送金手数料のみ!

 

 

うん、とてもお手頃な手数料ですね( ´∀`)

 

ふむふむ、ただ、ここでもっとも大事な質問はTransferwiseにいくら入金すると他の銀行より手数料が高くなってしまうのか

 

では条件をつけて計算してみましょうか♪

条件

  • 2018年3月2日のレート
  • 日本の最安の手数料をゆうちょ銀行(¥2,000)とする
  • 日本からオーストラリアへの送金を想定

 

今回求める答えは Transferwiseの手数料>ゆうちょ銀行の手数料となるポイントですよね。

 

 

答えは…

 

 

 

 

¥252,000以下を日本からオーストラリアへ送る場合、Transferwiseさんを使うほうがお安くなるということですねd( ̄  ̄)

 

 

オーストラリア→日本への海外送金手数料

 

こちらに関しては、一律ではなく変動となり送金額が大きければより得をするシステムです。

 

たとえば、、、

$500日本へ送金する場合は、

送金手数料は、$5.96

手数料は1.19%

 

$2,000日本へ送金する場合は、

送金手数料は、$14,91

手数料は0.74%

 

$5,000日本へ送金する場合は、

送金手数料は、$32.80

手数料は0.65%

 

 

どうでしょう、なんとなく手数料の実感が湧いてきましたかね??

 

結論

送金した金額をTransferWise上で入力し、手数料を比較した上で銀行を使うのかTransferWiseを使うかを決めればいいということですね( ´ ▽ ` )

 

 

TransferWiseの送金スピード

 

通常、日本の銀行窓口から送金を依頼した場合、4~6日程度の日数がかかります。TransferWiseでは2~5日程度とサイトでは注意書きがあります。ただ、実際に私がオーストラリアから日本に送金した際はなんと翌日には日本の口座に入金の確認が取れましたd( ̄  ̄)

 

※この着金確認時期は曖昧である事実は覚えておいてください!

 

 

さらに手数料がお得になるプロモーション

 

ここまで読んだ方は、今後送金を考えるときにふと、このTransferWiseを使ってみようと思うのではないでしょうか??

 

それでは、お待たせいました。現在、TransferWiseから提供されているお得なプロモーションをご紹介します( ´ ▽ ` )

 

今、Transferwiseで送金をするとなんと500£分の手数料が無料となります!

(¥73,500 2018年3月8日現在)

 

この手数料無料キャンペーンを受けたい方はこちらから送金手続きをしましょう♪

 

今後も私はTransferWiseを使って送金を続けます。新しいシステムを楽しみましょう♪( ´θ`)ノ

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!

 




投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA