日本にいながらでも英語の発音は練習できます!

英語の発音って日本できれいにできるの?

英会話を勉強し始めの方でも是非、発音の練習にもチャレンジ

して頂きたいと思います。

 

このテーマの答えは YES です。私も英語の発音は、フィリピンに

いるときより日本でのオンライン英会話でより意識するように

なり、発音が少し上達しました。→の動画の発音は日本に帰ってきて

から治っていったものです。私の発音も完璧ではないので、入門編と

してご紹介します。

 

なんで発音を気にしなきゃいけないの?

 

→世間体を気にしたJimの建前は、

”相手に伝わりやすい英語でコミュニケーションを円滑にするため”

です。

 

けど、本心はそんなこと全く意識していません。

最初の記事でも書いたように私は、英語はカッコ良くて

洋画の俳優みたいに真似したいものって考えていますw

 

恐らく、皆様もどうせ勉強するならカッコよく喋れるように

なりたいと思う方が多いかなと。

 

”発音は後からでもいいや” と思わず、同時進行でいきましょう。

時間のかかる勉強方法は書きませんので!

 

どうやって発音の勉強をすればいいの?

 

→脱線する前に今回は早めに勉強の始め方のテクニックを

ご紹介します。

 

①ルーティーンのDUOで単語を声に出しながら読み上げる

②オンライン授業で、週に1回発音の教材を選ぶ

③先生のPR動画を見てスラスラと発音のキレイな先生を選ぶ

③洋楽を聞くことに挑戦し、家で真似して口ずさむ

 

 

私が行ってきたのはこれだけです。

意外と単純で拍子抜けですよね。

 

あとは、この過程で具体的に何を意識するかで変わります。

 

ちなみに、皆さんモノマネって得意ですか?

 

・・・さて、

まず普段の単語の勉強での意識することから説明します。

 

 

発音記号っていっぱいあるし、読み方わからないよ?

 

→はい、私もですww

ネットで早見表とか素晴らしいツールはたくさんあることも

知っているのですが、私Jimはそれを勉強する気にはなれません

でした。

 

ただ、入門編においては発音記号を全てわからなくても問題

ありません。

 

なぜなら、前回お伝えした通りDUOをやるときに発音がわからない

ときに、読み上げてもらえる万能辞書アプリを使えばいいのです。

そのときにワンポイントとして、単語の下に書いてある発音記号を

チラッと見ながら真似して発声してください。このワンポイントな

意識があれば発音記号を覚えていなくても、自然とわかってくる

でしょう。

 

じゃあ、オンライン英会話では何を意識すればいいの?

 

→最初に、オンライン授業では用意されている無料のダウンロード

教材を使いましょうとお伝えしました。

 

具体的に、まず使って頂きたいのは LRThに特化した教材です。

DMM英会話のなかで、カテゴリーの中にございますので、すぐに

見つかります。

日本人が最も苦手としている発音ですね。私も苦労はしました。

 

これは、自分一人では中々が成長が見込めないので教材を使いながら

先生の発音真似してください。何度も先生と繰り返してください。

その授業中は何度もです。

 

加えて、大事なのは先生選びです。真似することが何よりも大事なので

授業を予約する前に先生のPR動画は必ず確認しましょう。そして予約

画面では ”今日勉強したいこと”をメッセージボックスにいれて予め

先生に伝えることができるので、

I want to learn L•R and TH sounds today.

と一言書いておきましょう。

 

洋楽ってあんまり聞かないけど…?

 

→本当にわかります。取っつきにくいし歌詞わからないから

スッと入ってこないですよね。

人によっては苦かもれないことは重々承知ですが、これを機に

ちょっとダウンロードしてみましょうか!( ;∀;)

 

とてもベタですが、

BrunoMarsとかMaroon5とかThe Weekendとか聴き始める

のもいいと思います。ちなみに私JimはLinkinParkが好きです。

 

そして今の無料音楽アプリって歌詞も同時に出てくるものも

ありますから是非そちらをダウンロードしてみましょう。

→Music FMがオススメです。

 

そして、何度も言いますように発音は真似して声に出すことから

全てが始まります。

声に出して 真似する のです。

 

私は、歩いているときにも通行人にバレないように口を少しだけ

動かして、英語の口を作っています。

 

最後にワンポイント

発声するする際に、日本語で話す時よりワントーン声を低く

してみてください。よりネイティブっぽいカッコいい発音に

なるかと思います。意外と他のサイトでも書いていないこと

ですので是非試して見てください。私の動画でも意識していること

がわかるかもしれません。

 

しつこくて申し訳ないですが、DUOにしろ授業教材にしろ音楽に

しろ真似して声に出すことだけは常に意識し続けてください。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 


↑ぜひポチッとお力を貸してください!

英会話

ブロトピ:ブログ更新しました

投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA