日本ではじめるオンライン英会話-実践してみましょう-

 

英語初心者でもオンライン英会話はこわくない

前回、オンライン英会話を始めるために準備することをお話し致しましたので、今日は実際に授業を始めるポイントをお伝えします。

 

オンライン授業を予約した後は?

前の記事のルーティンも一ヶ月経てば、きっとちゃんと続けられたぞっていう自信はつきます。まずは、先生に身をまかせる気持ちを作りましょう!

 

ちなみに予約する際ですが、予約画面にて教材を選ぶことができますので、一番はじめの授業は “基本会話” を選んで授業の雰囲気を見ることにしましょう!

 

どの先生でも必ず自己紹介から授業が始まりますので、せっかく無料の教材を使いながら自分自信の”テンプレ”を編み出す練習をオススメします。

 

教材”基本会話”の1回目の教材は”My name is Jim”や”I’m 12 years old”など中学校1年生のレベルから始まります。喋るのが怖いという方は、ここから肩慣らしをしていきましょう。会員であれば、あらかじめ教材の中身を見ることができるので、予約する前に教材の中身を見て、勉強したい内容を予め確認することで無駄な授業も無くなります。

 

どうやって会話を始めるの?

”逃げフレーズ”を覚えましょう

 

最初の一言はもうこれだけです!”Hi,Nice meet you.I’m Jim.”とこちらから話せば先生がその発音や話し方、表情などを判断して、趣味や仕事などあなた自身への質問を変えて先生が会話をリードしてくれて、スピードも調整してくれます。

 

そして、皆さんスピーキングよりもリスニングの方が心配で聞き取れるかな?って思う方が多いのではないでしょうか?

 

ただ、心配しないでください。この授業はスカイプで行われます。つまり 先生がタイプしてメッセージで送ってくれます!どうしても聞き取れない単語があると、辞書でも調べようがないですからね。

 

授業で困ったらどうすればいいの?

まず、聞き取れないときには一言、”Sorry again(ソーリィアゲイン⤴︎?)って聞けばゆっくり言い直してくれます。それでもなに言ってるかわからないときは最初のうちは、そこで初めて困った表情で語りかけましょう。他にも紹介した表現はたくさんありますが、前回お伝えした通り、パソコンの前にはノートがあるはずです!

 

自分が伝えたかった表現をすぐに書き写しましょう!”Just a moment, please!” で全然OKです。

 

ここがポイントなのです。自分が言いたい表現を導くための表現をまず覚えることが必要なんです。簡単にいうと“こういう時は何ていうんですか?”って質問を英語でできるようになることが、習得への近道だと思うのです。次回この質問の仕方についてパターンに分けて細かく紹介致します。

 

これさえマスターすれば翻訳アプリを使わずに自分の力で、”生きた英語”をマスターできることが期待できますので、要チェックです。

 



投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA