シドニー Jimの授業備忘録 Fake it till you make it~

 




本日も授業が終わりまして、仕事も休みのため復習します!

 

授業備忘録

 

  • Fake it till you make it!    →できなくても、まずはできるフリをしよう

簡単にいうと、自分はできる!っていう思い込みをすることで精神的に強くなってパフォーマンスあがるよねってことです。

 

  • wedding reception    →披露宴(※wedding partyとは言わないようです)

 

  • venue                                  →イベントをする場所(a place for an event)

ex)a venue for the reception

 

  • Just getting back to~ ,          →〜の話に戻すけど、(話題が逸れたとき)

 

ex)Just getting back to what we were saying earlier,(さっき話したことに戻るけど)

 

  • could (always)~                      →〜するのはどうでしょうか?

直訳的にはshouldと同じですが、とても丁寧な提案の仕方で、職場では上司に使うことが多いようです。

 

ex)We could always invite them to the reception.(彼らを歓迎会にさそうのはどうでしょうか?)ちなみに上司でなく、友達の間でも相手を気遣う意味で使われます。

 

  • ~on purpose.                          →わざと~する。

ex)You did it on purpose!(わざとやったでしょう!!)

 




では、明日も学校頑張ります!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

投稿者: Jim

オーストラリア シドニーの現地企業でインターンシップをしている脱サラ純日本男児のJimです。 インターンシップの他にルームメイトとの普段の生活、週末のシドニー旅行スポット、書類手続きの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA