シドニー 現地企業インターンシップ 急遽プログラム中止?!

1+

 

こんにちは!Jimです。

ここでは、2017年の3月からオーストラリアシドニーで
ワーホリ中の脱サラダメ青年Jimついてお話ししております。




 

シドニーでのインターンシップが急遽が中止に!!

今日の記事はですね… タイトルの通りです( ´Д`)

 

なぁ〜んと!!!

シドニー現地でのインターンシッププログラムが企業によって

急遽打ち切られました!!

 

先週まで二つの企業を掛け持ちしてインターンを行なっていましたが、

(月曜日〜水曜日:プランナー 木曜日〜金曜日:人材派遣

 

このうちの人材派遣の会社の方からメールが届き、

インターンプログラム終了となりました。

 

 

打ち切りの理由は

”インターン生を見ていた人事マネージャーが異動となり

面倒を見ることができなくなった”

とのことです。

 

たしかに、現在インターン生だけでリストには10数人は記載が

あったため、一人で管理するのは大変だったのかもしれません。

 

ただ、こうしてメールだけですぐに打ち切ったりされる経験は

海外ならではなと思いました( ´ ▽ ` )

 

ただ、私がこの会社で正社員ではなくてよかったなと

ホッとしておりますwww

 

インターン業務

ちなみにこの会社でインターン生がやっていたことは

テレアポ業務仕事の斡旋です。

 

電話業務に関して細かくいうと

仕事を探している人からの電話を受けて、

  • 今までの経験
  • どの地域で仕事を探しているか
  • プロテクターを全てもっているか
  • 市民かどうか
  • 工事をする上での資格を保持しているか

などなど、こちらから質問を投げかけます。

 

そして上記の質問を終えると

面談の日程を同じ電話で組むこととなります。

 

そして面談当日は、オフィスに備わっている

マシンで体力測定等を行ない、仕事を斡旋し、終了となります。

 

 

私は2週間しか在籍していなかったため、

電話でメモを取りシステムにメッセージを残して

引き継ぎを行うくらいしか行なっておりませんでした。

 

私は英語のなかでもっともリスニング能力が劣っていたため

オーストラリア人の英語の電話対応は私にとって至極困難でした。

特に訛りが強い人の電話は… -_-

 

”ゆっくり繰り返してくれ”というお願いを恥ずかしながら

毎電話ごとにしておりましたww

 

 

この会社ではインターン生スタッフ同士での

コミュニケーションはめったになく、正直満足していなかった

ため、正直よかったのかもしれません。

 

 

今後は、現在行なっているプランナーの会社の出勤日数を増やすか

ローカルのバイトをして資金を貯めるか考えているところですので

今後の動きもまた綴っていこうと思いますd( ̄  ̄)

 




1+